ステラリッジ フライシート 旧型 5

交換用のポールは一部モデルを除き、1節単位(¥500~)でお取り寄せできます。詳しくはモンベルストアまたはモンベル・カスタマー・サービスまでお問い合わせください。, ポール補修用パイプで応急処置 ※入口など2重構造の箇所はファスナーを開けそれぞれを洗います。, 底面を半分に折り畳み、洗ってはすすぎます。図のように半分ずつ洗ってゆくと洗い終わった面を地面で汚さずにすみます。, 日陰に広げて乾燥させます。 上と同様の理由になるが、モンベルのステラリッジテントには冬張りが用意されている。 これは、厳冬期に雪に埋まった際に通常のフライだと空気を通さないため、窒息してしまう可能性があ … 2018年以前のフライシートは、2019年版のステラリッジテント本体に対応しておらず、取付ができないので、要注意です。(逆のパターンも不可です) 登山スタイルで選べるサイズのライン … 待望のモデルチェンジをしたステラリッジテント。スリーブ式でポールが通りにくいのが唯一の欠点という登山者の声も多かったことから、今回の吊り下げ式へのモデルチェンジは、登山者から待ってました!と声があがるくらい注目されています。

技術的に難しいとされる、バスタブ形状の床面四隅やジッパーフラッウなどの細かい部分までシームテープ処理を施し、防水性を高めています。, ビスロンジッパー&フラップ 「スリーブ式」に比べ、強風時など環境がよくない時も設営ができるように。, HALさん(@hal_0216)がシェアした投稿 – 2018年 8月月12日午前10時32分PDT, [br num=”1″] フライシートを芯にして一緒にテント本体を巻き上げて収納してください。 ※モスキートネットのジッパーはコイルジッパーを使用しています。 年80日は山の中、残りは山の店にいます。 6.残りのポールフックをポールに固定 小石や小枝を取り除きながらたたむよう、注意して行ってください。巻き込んだゴミがテントの生地やコーティングにダメージを与え、漏水の原因となる場合があります。, 1. ・クリップ 今、人気のソロキャンプとは? さらに真ん中で折りたたむ。 テントで出入り口には凍結や雪の付着に強い樹脂製のビスロンジッパーを使用。 ダッフルバッグタイプの収納袋が付属している場合 4.ポールを本体の中央フックに取り付ける 反対側の末端からも同様にコードを外し、古いコードを全て引き抜きます。 こんにちは、アキです。 テント泊登山用に導入したモンベル ステラリッジテント1型ですが、登山でぶっつけ本番で設営するのも不安なので少し練習をしてきました。 テント設営の流れや感想など簡単にまとめておきます。テント購入の参考にでもどうぞ。 All Rights Reserved.

2. 3年ほどまえにこのテントを買ってから、3000mの稜線から冬山、そして海外での縦走まで、すくなくとも50泊はしてきました。, 本記事では、そんな経験をふまえつつ、ステラリッジの使い勝手や感想をレビューしていこうと思います!, *なお、ここでレビューするのは3年ほど前のモデルです。その後のモデルチェンジによって細かい仕様がかわっている可能性がありますのでご了承ください。, 本格登山用のテントとして必要十分な耐久性を備えつつ、軽くてオプションも豊富。もちろんデメリットもありますが、致命的な欠点はありません。そして、ダントツで安い。, 値段のほかに突出した強みはないものの、すべてにおいて80点をとってくるような優秀なヤツ。, 使うひとを選ばないオーソドックスなつくりで、初心者からベテランまで数多くの登山者に選ばれつづけているテントでもあります。, とくに「初めて登山用のテントを買う」というひとには、自信をもっておすすめできるテントです!, 登山用のテントを新品で買おうとすると、テント本体・ポール・ペグ・フライシートをあわせて最低でも40000円、高ければ70000円ほどかかってきます。, ステラリッジは1型( 1人用)で39000円(税別)・2型(2人用)で41200円(税別)と、山岳テントの価格分布の最低ラインに位置しているので、「できるだけ安く、でもちゃんとした山岳テントがほしい!」というひとには全力でおすすめします。, とくにこれからテント泊にチャレンジするひとは、マットやシュラフ(寝袋)・大型バックパックなど、テント以外にもいろいろな装備が必要になりますよね。, ステラリッジであれば、テントのコストをできるだけ抑えて他のアイテムにお金をまわすことができます。そういう意味で、初めてのテントとして最高の選択肢だと思っています。, ほかに安くゲットできる登山用テントとしてはアライテントの『エアライズ(1人用39000・2人用44000)』あたりになりますが、それでもステラリッジのほうが安上がりです。, 登山ではテントを背負って山を移動するため、その重さと収納性もとても大切なポイント。, ステラリッジはペグやフライをすべて合わせて1610グラムなので、山岳テントとしては標準からやや軽い部類に入ります。, ちなみに、ダブルウォールテント(フライと本体が別になったタイプのテント)の重さのイメージはこんなかんじ(アイテムはすべて2人用です)。, 「ダブルウォールで1200g!」とかたまに見かけますが、実際には本体だけの数値で、フライやペグをいれると1500gくらいになってしまうこともしばしば。, 1610gはめちゃくちゃ軽いわけではありませんが、ペグ12本ふくめた数値なので(メーカーによっては8本とかにしてます)、実際には「そこそこ軽い」と言えるレベル。, 基本的には軽さを突きつめるほど値段が高くなるので(例えば1430gのカミナドームは約67000円)、この値段でこの軽さを実現できているのは、ハッキリいうとめちゃくちゃすごいです。, 登山用テントの命は耐久性。とくに悪天候でテントが壊れると命に関わるので、妥協できない大切なポイントです。, 今まで50泊以上、厳冬期の南アルプスから真夏の炎天下の海キャンプにまで使ってきましたが、とくに気になるような脆弱性は見つけられませんでした。, ぼくは年間80日ほど山に入るのですが(そしてその半分ほどがテント泊)、それでもテントが壊れたりポールが曲がったりした経験はなく、3年たった今でもまだまだガンガン使っています。, さすがにポールスリーブ(ポールをとおす部分)にちょっとした気泡が入ってしまったり、ポールのゴムが伸びてきたりしていますが、使うのに支障はありません。, 唯一気になったのが、知らないうちにテントのボトムに小さな穴があいていて、大雨にふられたときにテントが浸水したこと。, おそらく尖った石であいた穴だと思うのですが、それまでグラウンドシートを敷かずに使っていたので、テントの耐久性というよりはぼくの使い方の問題だったと思っています(そのあとグラウントシートを買いました)。, ちょっとマニアックな話をすると、ステラリッジの本体・ボトム・フライには30デニールのリップストップナイロンが使われているんですが、これはかなりしっかりした作りだと言えます。, 1500gを切るテントは20デニール以下の糸が使われることがおおく、軽量化とひきかえに、あるていど耐久性が犠牲になっています。, 「デニール」は、生地のもとになる糸の太さの単位。この数値がおおきいほど太く、頑丈だといえます。, 「リップストップナイロン」は、格子状に太い糸を織り込んだナイロン生地のこと。ノーマルなナイロンよりも引き裂き強度が高いのが特徴です。, 冬用のフライを買えばオールシーズン使えますし、購入から何年かたったあとでもオプションパーツのグラウンドシートを購入できたのもありがたかったです。, 登山用品店で働いている経験からいうと、「珍しい道具」というのはたしかに魅力的なのですが、もし壊れたときにパーツを入手するのが難しく、修理できないことが多いのです。, そういう意味でいうと、ステラリッジはもっとも修理しやすいテントだと言えるでしょう。市場に流通している数も豊富ですし、メーカーの『モンベル』は国産メーカーなので融通もききやすいです(ついでにいえば、修理もスムーズにおわる傾向があります)。, 登山用品は消耗品なので、「壊れても修理できる」というのは地味に大切なポイントです。とくに単価のたかいテントだからこそ、アフターケアについても考えて購入したいですよね。, まず、人気ということの裏返しで、山小屋のテント場につくと必ずひとつは同じテントが張ってあります。, 今でこそフライシートの色が選べるようになりましたが、もともとはオレンジ1色だったので、人気のテント場にいくと、冗談ぬきで自分のテントの見分けがつかなくなることも。, 「他人とかぶるのは絶対に嫌だ!」というひとは、他のテントを選んだほうがいいかもしれません。, さきほど「オプションパーツが豊富」というメリットをあげましたが、もう少しつっこむと、ここでも注意が必要です。, 見た目はほとんど変わっていないのですが、少しずつモデルチェンジしているので「オプションのパーツが自分のテントに適合しているか」はそのつど確認しなければいけません。, ぼくは「冬用のフライ(外張りといいます)がほしい!」と思って注文したところ、世代がちがって自分のテントにつけられなかった、という失敗をしたことがあります。, いろいろと書いてきましたが、致命的なデメリットがあるわけでもなく、とてもコスパに優れた優秀なテントだというのが正直な感想です。, 最近のモデルはポールのスリーブが改良されてより簡単に設営できるようになっていますし(『オフセットスリーブエンド』といって、片側からポールを差し込むだけで設営できる)、他メーカーの山岳テントと比べても使い勝手にはほとんど差がありません。, さいごに、「こんな人におすすめ!」「こんな人には不向き!」というのをまとめておきますね。, *ステラリッジは、フライシートの色を選べるように本体とフライが別売になっています。購入の際はご注意ください。, プロはここを見る!登山靴とワンタッチアイゼンの『相性』をチェックする4つのポイント, 人生を『山』に捧げる24歳。 「スリーブ式」から「吊り下げ式」へ変更したことで、どこがよくなったのか、わからない・・。そんな方へ、モンベル独自の「吊り下げ式」のメリットをご紹介します。, 旧モデルに採用されていた「スリーブ式」は、慣れれば簡単なのですが、スリーブにポールが通りにくい、抜くときに途中でポールのジョイントが外れるなど、ストラリッジテントの唯一の弱点という愛好者も。, 今回の独自の「吊り下げ式」は、本体生地を先にペグダウンし、2本のポールを交差させて組み立てた後、本体をポールにパチ、パチっと止めていくだけなので、設営と撤収がニヤッとしてしまうくらい楽になりました。 「吊り下げ式」の構造で、2本のポールの好転を固定することで、テント本体とポールが連動して風を受け流してくれ、人が何かにつかまっていないと立っていられない強風の時など過酷な環境下でも、倒れないくらいの防風性を実現しています。, Daijiroさん(@daijiman_s52)がシェアした投稿 – 2018年 5月月13日午前7時19分PDT, [br num=”1″] 5.ポールの先端をポール受けに入れる 大きなモデルチェンジで注目されているのが、本体構造を「吊り下げ式」へ変更したことです。 山岳用の自立式ダブルウォールテント、モンベルのステラリッジテント。 しかし、使用後の保管状況が悪ければ、本来の性能を維持し、快適な居住空間を保つことは困難です。長く快適にご使用いただくためのメンテナンス方法をご紹介します。, モンベル・カスタマー・サービスに寄せられる修理依頼のデータから、使い方とメンテナンス方法のポイントが見て取れます。ここでは、どうすればテントやタープの破損と劣化を防ぐことができるのかを解説します。, テントを立ち上げた状態で風にあおられて地面を転がったりすると、ポールに沿ってフライシートに無数のキズが入ります。強風下でのテントの設営や撤収は、ペグダウン(およびリリース)のタイミングを考えて慎重に。, 十分な耐風性能を持たせているとはいえ、想定以上の強風ではポールが曲がったり折れたりすることもあります。テントを設営する場所は、地形や風向きと合わせて天候の悪化も想定して決める必要があります。, ポールを収納する際は端から折りたたむのではなく、真ん中から折りたたみます。そうすることで内部のショックコードにかかるテンションが均一になり、ゴムが長持ちします。定期的にチェックし、状態に応じて交換しましょう。, フライシートやグラウンドシートの耐水性を保つためのコーティングは、経年により劣化します。汚れや水分が付着したまま長期間保管すると、コーティングに悪影響を与え、劣化が加速度的に進行します。また、カビ発生の原因にもなります。

長期保管する際には伸ばした状態で保管しておくと、よりコードを長持ちさせられます。, 1. 7.本体の4角をペグが埋まるまで打ち込む 吊るして干す場合には本体の端のテープやポール受けを利用します。生地を直接クリップなどで留めるのは、超軽量の生地にダメージを与える場合があるので、おやめください。 そんな登山者が求める要望の全てを形にした、理想形のテント、それがモンベルのステラリッジテントです。, そんな、大人気のステラリッジテントがこの春、およそ3年ぶりのモデルチェンジをしてリリースされました。登山者に今、注目されている新型のステラリッジテントの魅力を見ていきましょう。, [br num=”1″] 登山が好きすぎて、新卒入社したベンチャーを14ヶ月で辞め、北アルプスの麓でフリーターになりました。 片側から最後まで巻き上げる。 真ん中から折りたたむ。

フライシートやグラウンドシートの耐水性を保つためのコーティングは、経年により劣化します。汚れや水分が付着したまま長期間保管すると、コーティングに悪影響を与え、劣化が加速度的に進行します。また、カビ発生の原因にもなります。 吊るす際、本体の端にあるゴムは使用しません(伸縮機能を損なう可能性があります), ・交換用ショックコード(丸ゴム)交換するポールの全長に対しておよそ8割の長さ シームテープ処理 テントやタープのお手入れ方法をご紹介。しっかり汚れを落とし、十分に乾燥させたうえで保管しましょう!, 登山やキャンプ、カヤック・自転車のツーリングなど、さまざまなアクティビティで大活躍するテントやタープ。 地面に広げるスペースの取れない場所では、物干し竿に掛けるなどして広げてください。お風呂場など、水をかけても問題ない場所で少しずつ洗うこともできます。, 本体のメッシュ部分やテント上部の表裏を洗い、十分にすすぎます。

ヤマワカの発起人・編集長。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 肌感ですが、登山用テントとしては国内ユーザー数でダントツの1位なんじゃないでしょうか。, ほかにも「ここってどうなの?」といった点があれば、お気軽にSNSやコメントでご質問ください!. 旧モデルの「スリーブ式」では、レインフライと本体との間=クリアランスがせまいので結露することもありましたが、今回のモデルチェンジでは「吊り下げ式」構造により、レインフライと本体の間に大きなクリアランスが生まれ、互いに接触することがないため、結露がしにくくなりました。, [br num=”1″] 固定するためのダクトテープやテーピングテープが別途必要です。, 1.

レインフライでは、従来のナイロンより軽量で保水しにくいナイロンを使用し、アップデートしています。, わずか10デニールという薄さながらも優れた強度を備えた、高強力ポリエステルを使用。繊維自体が保水しない性質を持ち、通気性を損なわない撥水加工を施しています。, 一般的な素材に比べて軽量で極めて保水しにくい新開発のナイロンを使用。保水による記事の垂れ下がりが少なく、本体との間にクリアランスを確保。レインフライ裏に発生する結露による浸水を防ぎます。(1・2・3・4型は別売), Koji Onoさん(@mkojie20090999)がシェアした投稿 – 2019年 4月月20日午前6時31分PDT, [br num=”1″] 日本を代表するアウトドアブランド モンベル。

入口のジッパーを少し開けて、空気の抜け道をつくりながらさらにたたむ。 新素材の生地を採用したため、旧モデルと比べるとステラリッジ1型でおよそ140g、ステラリッジ6型でおよそ1.04kg軽量化しています。 本体では、旧モデルの30デニール生地を10デニールでかつ高強力な素材に。 ステラリッジ1型の総重量はなんと、1.34kgに!1gでも軽さを求める登山者には、うれしい朗報です。まさに、世界トップクラスの軽量化!ですね。, 今回のモデルチェンジのポイントも見逃せないステラリッジテントの魅力ですが、旧モデルと同様、ステラリッジテントが愛される理由、その強みをご紹介します。, [br num=”1″]

ちょっと前までは、モンベルのステラリッジテントは視認性の高いイエローの1色のみ。 構造ばかりでなく、より軽量かつ耐久性を実現しているのも見逃せません!, ファーストテントはどれにしよう?そろそろテントを買い替えようかな?冬山にトライしてみようかな?そんな方、ぜひモンベルのステラリッジテントをおすすめします。店舗で実物に触れてみて、その魅力を確認してみてください。. フライシートとテント本体を別々に巻き上げて収納してください。, 車の中や屋外物置など高温多湿になる場所はさけ、温度があがらず風通しのよいところを選びましょう。, 長期間使用しないときは、半年に一度ほど、晴れた日にひろげながら湿気をとばし、状態をチェックしてみましょう。. [br num=”1″], [br num=”1″] [br num=”1″], Takaさん(@taka_0167)がシェアした投稿 – 2019年 4月月3日午前1時10分PDT, [br num=”1″]

日本の自然環境を熟知しているジャパニーズブランドだからこその、細やかな工夫がいたるところに。海外ブランドにはない、泊まってわかるステラリッジテントの良さがここにあります。 断言します。ステラリッジ以上にコスパのいいテントは存在しません。 登山用のテントを新品で買おうとすると、テント本体・ポール・ペグ・フライシートをあわせて最低でも40000円、高ければ70000円ほどかかってきます。 本体とレインフライに新開発素材を採用し、世界最高ともいえるレベルの軽量性と耐久性を実現しています。 ゴムの長さをポールの全長に対して8割丁度にすると、折り返す作業を行う必要がない場合があります。その場合は、ゴムの末端部にそのままエンドチップを結びつけてください。, 小石や小枝を取り除きながらたたむよう、注意して行ってください。巻き込んだゴミがテントの生地やコーティングにダメージを与え、漏水の原因となる場合があります。.

テントの構造には「スリーブ式」と「吊り下げ式」があります。, 旧モデルで採用されている「スリーブ式」とは、インナーテントに縫い付けてある筒状の部分(スリーブ)に、テントポールを通して組み立てていくテント。, 今回新たに採用された「吊り下げ式」は、2本のポールを交差させて組み立てた後、本体をポールにパチ、パチっと止めていくタイプ。類似の軽量テントでは多く作用されています。, azukiさん(@azukimame_)がシェアした投稿 – 2018年11月月6日午前4時32分PST, [br num=”1″] だから混み合ったテン場では、どのテントが自分のテントかわからなくなるのも多々ありました。, 現在、同社のフライシートは、サンフラワーイエロー・ピーコック・オフホワイト・タイムの4色展開で、自分好みのカラーが選べます。, スラリッジテント本体とは別売りなので、ちょっと気分を変えたいときや、フライシートが痛んできたら、違うカラーを選ぶという楽しみもあります。, 2018年以前のフライシートは、2019年版のステラリッジテント本体に対応しておらず、取付ができないので、要注意です。(逆のパターンも不可です), モンベルのステラリッジテントは、1人用の1型から3〜4人用の4型と大型モデルの6型の、全部で5種類のサイズがラインアップ。, ソロ用であれば、1型or2型。2人用であれば、2型or3型。など、人数や居住性をかんがて、自分の登山スタイルにあったサイズが選べるのもうれしいですね。, inosikakoubouさん(@inosikakoubou)がシェアした投稿 – 2018年10月月31日午前4時30分PDT, [br num=”1″]

3. 2.強風時は4角をペグで仮留めして固定 冬張りがある. モンベル テントの商品は百点以上あります。人気のある商品は「モンベル ルナードーム2型 スペアキット(フライシート、グランドシートなど)」や「モンベル ビックタープI(ポール付き)」や「montbell ムーンライトテント 新2型 セット」があります。

望月歩 天才 てれび くん 18, グローバルリング 噴水 時間 8, ドクタースリープ ダニー 子役 4, 勝手な 思い込み 四字熟語 12, 劇団四季 アナ雪 子役 倍率 5, モーコン Juju インスタ 12, 485系 加越 編成表 43, 3d 彼女 リアルガール 1 期 動画 6, King Gnu ベース 13, 複視 リハビリ 文献 4, 空から降る一億の星 主題歌 韓国 11, Pubg Lite アイコン変え方 10, 私は その 映画 は 面白いと 思い ます 英語 6, アルバハhl 闇 ハデス 13, 夜空ノムコウ キムタク ギター 4, Webex Training 参加方法 4, 嵐 にの 小説 激ピンク 16, 高中 正義 テレビ 5, ラーメン二郎 守谷 ルール 7, 確約 できない 類語 24, 賭ケグルイ ネタバレ 10巻 15, 堀ちえみ 実家 堺市 22, 闇の子供たち あらすじ 結末 9, 自作ゲーム コンテスト 2021 42, 茨城県 お笑いライブ 2020 4, 金スマ 見逃し Exile 9, カナウ 占い 姓名判断 4, キャノン ようこそ Ts6330 23,

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.