ヤン ウェンリー 嫌い 23

14  ヤン:いくぞ、ユリアン 14  ヤン:……私は最悪の民主政治でも最良の専制政治にまさると思っている。だからヨブ・トリューニヒト氏のためにラインハルト・フォン・ローエングラム公と戦うのさ。こいつは、なかなかりっぱな信念だと思うがね, オペレータ:敵軍、イエロー・ゾーンを突破しつつあり…… >>23 でも同盟の重要キャラの死亡には大体ビッテンが絡んでるのがビッテンさんのすごいところ ... →「さすがはヤン・ウェンリーだ、かくも遠大な計画を企図していたとは! ... 俺はヤン嫌いなんだよ やる気ねーみたいに言いながら虐殺しまくり シェーンコップ:あなたが勝つことだけを目的にする単純な職業軍人であるか、力量に対する自覚もなしに権力だけを欲する凡俗な野心家であるか、どちらかならわたしとしても煽動する甲斐があるんですがね。ついでに自分自身の正義を信じて疑わない信念と責任感の人であれば、いくらでもけしかけられる。ところがあなたは、戦っている最中でさえ、自分の正義を全面的に信じてはいない人ですからな。 ヤン:仕方ない、歩こう 14  15  ヤンを原作で初めて読んだ時の印象は「主人公らしくない、人間らしい人だ」という印象だった。 記号で動く二次元の人間では語りつくせない、原作の言葉を借りればまさに「矛盾の人」という「記号」がヤンだった。 14  15:20, 11/

20:07, 11/ フレデリカ:何だっておっしゃっても、あれはルイ・マシュンゴ少尉ですわ ユリアン:そうですね 14  ヤン:いいよ、そんなこと 14  18:37, 11/ 14  ユリアン:じゃ、いっそ、ワインを抜きましょうね 22:16, 11/ 14 

「ヤン・ウェンリーとかいう奴は、ずいぶんと偉い奴らしいな。あんたと同姓同名で、たいへんな差だ」 「やった! わかったぞ!」 「そうさ、勝つんだ。ヤン・ウェンリーは勝算のない戦いはしない、そうだろ?」 「喜んでくれ、作戦が決まったぞ。どうやら勝てそうだ」 「もうすぐ戦いが� 12:59, 11/ 14  ヤン:はさむものばかりだね, ヤン:ああ、気にしないでください、大佐。誰しも給料に対しては相応の忠誠心をしめさなくてはなりませんからね。私もそうでした。あれは紙でなくじつは鎖でできていて人をしばるのですよ, ヤン:仕事をせずに金銭をもらうと思えば忸怩たるものがある。しかし、もはや人殺しをせずに金銭がもらえると考えれば、むしろ人間としての正しいありかたを回復しえたと言うべきで、あるいはけっこうめでたいことかもしれぬ, ヤン:ほしいと思うのは、身体がそれを求めているからだ。だからほしいものをすなおに食べたり飲んだりするのが、いちばん健康にいいんだよ, キャゼルヌ:おい、招かれざる客人よ フレデリカ:レンネンカンプ大将の旗艦ですわ

16:28, 11/ 14  シェーンコップ:まあそれもいいでしょう。不老不死でいられるわけではないし、死ぬのだったら納得して死にたい。帝国の奴隷のそのまた奴隷として死ぬより、反逆者ヤン提督の幕僚として死ぬほうを、すくなくとも私の子孫は喜ぶでしょうよ, ヤン:二ヶ月、たった二ヶ月!予定どおりならあと五年は働かないで生活できるはずだったのになあ……, ヤン:要するに三、四〇〇〇年前から戦いの本質というものは変化していない。戦場に着くまでは補給が、着いてからは指揮官の質が、勝敗を左右する, ヤン:英雄など、酒場に行けばいくらでもいる。その反対に、歯医者の治療台にはひとりもいない。まあその程度のものだろう, ヤン:あせることはないよ、ユリアン。朝食は昼までにすませればいいし、葬式をやるのは死んでからでいい, ヤン:真実ってやつは、誕生日と同じだよ。個人にひとつづつあるんだ。事実と一致しないからといって、嘘だとは言いきれないね, ユリアン:ヤン提督のご先祖ってどんな人だったんですか? 11:31, 11/ フレデリカ:そうね、どちらが勝っても、ヤン家にはすてきな親戚ができることになりますわね, ヤン:鷹と雀では視点がちがう。金貨の一枚は、億万長者にとってとるにたりないが、貧乏人には生死にかかわるさ, ヤン:ユリアン、吾々は軍人だ。そして民主共和政体とは、しばしば銃口から生まれる。軍事力は民主政治を産み落としながら、その功績を誇ることは許されない。それは不公正なことではない。なぜなら民主主義とは力を持った者の自制にこそ真髄があるからだ。強者の自制を法律と機構によって制度化したのが民主主義なのだ。そして軍隊が自制しなければ、誰にも自制の必要などない

ヤン:考えはしたけどね 17:41, 11/ 15  14  14 

15:33, 11/ 10:12, 11/ 11:02, 11/

ヤン:ああ、何もいいことのない人生だった……いやな仕事は押しつけられるし、恋人はいないし、せめて酒でも飲もうとすれば叱られるし…… 08:59, 11/ ヤン:そうだな、よくわからないけど、10億年ぐらい前は、地球の原始海洋のなかで、クラゲみたいにぷかぷか浮かんでいたらしいね, ヤン:戦術レベルにおける偶然は、戦略レベルにおける必然の、余光の破片であるにすぎない, ヤン:歴史とは、人類全体が共有する記憶のことだ、と思うんだよ、ユリアン。思い出すのもいやなことがあるだろうけど、無視したり忘れたりしてはいけないのじゃないかな, ヤン:偉人だの英雄だのの伝記を、子どもたちに教えるなんて、愚劣なことだ。善良な人間に、異常者をみならえというも同じだからね, ヤン:ことばでは伝わらないものが、たしかにある。だけど、それはことばを使いつくした人だけが言えることだ, ヤン:だから、ことばというやつは、心という海に浮かんだ氷山みたいなものじゃないかな。海面から出ている部分はわずかだけど、それによって、海面下に存在する大きなものを知覚したり感じとったりすることができる, ヤン:ことばをだいじに使いなさい、ユリアン。そうすれば、ただ沈黙しているより、多くの事をより正確に伝えられるのだからね……, ヤン:運命というならまだしもだが、宿命というのは、じつに嫌なことばだね。二重の意味で人間を侮辱している。ひとつには、状況を分析する思考を停止させ、もうひとつには、人間の自由意志を価値の低いものとみなしてしまう。宿命の対決なんてないんだよ、ユリアン、どんな状況のなかにあっても結局は当人が選択したことだ, ヤン:……しかし、もしキャゼルヌの娘とシェーンコップの娘がユリアンをとりあって争うということになると観物だな。不肖の父親どうし、どうはりあうやら 08:37, 11/ ユリアン:アイアイサー 15  22:30, 11/ 16:31, 11/ 14  11:38, 11/ 14  ヤン:私は七歳も年上だし、何というか、その、生活人として欠けたところがあるし、その他にも欠点だらけだし、いろいろと顧みてこんなことを申し込む資格があるかどうか疑問だし、いかにも地位利用をしているみたいだし、目の前に戦闘をひかえてこんな場合にこんなことを申し込むのは不謹慎だろうし…… ユリアン:ええ、ぼくがこうなったのも、後天的な原因によるのです 12:10, 11/ ブログを報告する, 4月7日からNHK Eテレで放送される「銀河英雄伝説Die Neue These…, それぞれの世代が、のちの世代への責任を忘れないでいれば、結果として長期間の平和が保てるだろう。, 忘れれば先人の遺産は食いつぶされ、人類は一から再出発する事になる。まあ、それもいいけどね。」, 銀河英雄伝説Die Neue These NHK Eテレ放送記念! これを見ると銀河英雄伝説Die …, 【映画レポ】映画「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」をハロオタが見てきたよ! メンバーのメンタルケアを怠った運営の罪は重い, 【美術館レポ】リニューアル・オープン記念展 Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY サントリー美術館. ユリアン:提督のは、四季ばてですよ。夏の責任にしないでください, ヤン:ユリアン、陰謀だけで歴史が動くことはありえないよ。いつだって陰謀はたくらまれているだろうが、いつだって成功するとはかぎらない, ヤン:ほう、わが自由の国では、古代の専制国家みたいに、親の罪が子におよぶというわけですか, ヤン:模範解答の表があったら、見せていただけませんか。あなたがたが、どういう答えを期待しておいでか知っておきたいんです, ヤン:人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。それは、権力を持った人間、権力に媚を売る人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出すことです。宇宙を平和にするためには、帝国と無益な戦いをつづけるより、まずその種の悪質な寄生虫を駆除することから始めるべきではありませんか, ヤン:何にしても、わが同盟政府には、両手をしばっておいて戦いを強いる癖がおありだから、困ったものですよ、ビュコック提督, ヤン:見たか、ユリアン。これが名将の戦いぶりというものだ。目的を明確に持ち、それを達成したら執着せずに離脱する。ああでなくてはな. ラインハルト:しかし? ヤン:何と言ったかな、たしか, ヤン:私はあいつのシェークスピア劇風の演説を聞くと、心にジンマシンができるんだよ 10:04, 11/ 16:48, 11/ 14 

ユリアン:……… ヤン:もっと兵力があればなあ。あと一万隻、いや、5000隻、いやいや、3000隻でいい。そうすれば……, ヤン:人民を害する権利は、人民自身にしかないからです。言いかえますと、ルドルフ。フォン・ゴールデンバウム、またそれよりはるかに小者ながらヨブ・トリューニヒトなどを政権につけたのは、たしかに人民自身の責任です。他人を責めようがありません。まさに肝腎なのはその点であって、専制政治の罪とは、人民が政治の害悪を他人のせいにできるという点につきるのです。その罪の大きさにくらべれば、100人の名君の善政の功も小さなものです。まして閣下、あなたのように聡明な君主の出現がまれなものであることを思えば、功罪は明らかなように思われるのですが……, ヤン:……私は、あなたの主張に対してアンチ・テーゼを提出しているにすぎません。ひとつの正義に対して、逆の方向に等量等質の正義が必ず存在するのではないかと私は思っていますので、それを申し上げてみただけのことです, フレデリカ:わたしにはわかりません。あなたのなさることが正しいのかどうか。でも、わたしにわかっていることがあります。あなたのなさることが、わたしはどうしようもなく好きだということです, ユリアン:提督、よくこんな人たちをひきいて勝ってこられましたね、裏切者ぞろいじゃありませんか 15  ユリアン:では提督の未来をぼくが予知してさしあげます。今夜の七時には、豚肉のスープ煮でワインを飲んでらっしゃるでしょう, ヤン:必要がないなんて、そんなことがあるわけないだろう シェーンコップ:そりゃお困りでしょうな、たしかに。しかし困ってばかりいるわけですか? 何か対処法を考えておいででしょうに ユリアン:何ていう星です? オペレータ:完全に射程距離にはいりました! 14  14  ヤン:そのお言葉は、まだ早いでしょう. ヤン:そのお言葉は、まだ早いでしょう, キルヒアイス:形式というのは必要かもしれませんが、ばかばかしいことでもありますね。ヤン提督 21:03, 11/ ヤン:だけど言わなくて後悔するよりは言って後悔するほうがいい……ああ、こまったものだな、さっきから自分のつごうばかり言ってる。要するに……要するに、結婚してほしいんだ, ラインハルト:お前が望んだことだ。望みどおりにしてやったからには、私の前に出てくるだろうな、ミラクルヤン, ヤン:勝てると思うかい?中将 シェーンコップ:いけませんな、ご自分で信じてもいらっしゃらないことを他人に信じさせようとなさっては

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 14  14  キルヒアイス:はい。正直掴みかねております。恐ろしいほどに自然体で、懐深く、おそらくは今回の作戦も見抜いているかと… 06:21, 11/ 20:46, 11/ 田中芳樹さん原作の大人気スペース・オペラ「銀河英雄伝説」 その中でも人気の高い、自由惑星同盟ヤン・ウェンリーの名言をまとめていきます。, 「要するに3、4000年前から戦いの本質というものは変化していない。戦場に着くまでは補給が、着いてからは指揮官の質が、勝敗を左右する」, 「心配するな。私の命令に従えば助かる。生還したい者は落着いて私の指示に従ってほしい。わが部隊は現在のところ負けているが、要は最後の瞬間に勝っていればいいのだ」, 「やたらと恩賞を与えるのは窮迫している証拠だと古代の兵書にあります。敗北から目をそらせる必要があるからだそうです」, 「ボタン戦争と称された一時代、レーダーと電子工学が奇形的に発達していた一時代をはぶいて、戦場における用兵にはつねに一定の法則がありました。兵力を集中すること。その兵力を高速で移動させること、この両者です」, 「恒久平和なんて人類の歴史上なかった。だから私はそんなもの望みはしない。だが何十年かの平和で豊かな時代は存在できた」, 「同盟本国に連絡してくれ。何とか終わった、もう一度やれと言われてもできない、とね」, 「賞められるのは勝っている期間だけさ。戦い続けていれば、いつかは負ける。そのときどう掌が返るか、他人事ならおもしろいがね」, 「私は権力や武力を軽蔑しているわけではないのです。いや、じつは怖いのです。権力や武力を手に入れたとき、ほとんどの人間が醜く変わるという例を、私はいくつも知っています」, 「他人に言えるようなことじゃないよ。まったく、人間は勝つことだけ考えていると、際限なく卑しくなるものだな」, 「もし私が銃を持っていて、撃ったとしてだ、命中すると思うか?」「じゃ、持っていてもしかたがない」, 「君がいてくれないと困る。私はものおぼえが悪いし、メカにも弱いし、有能な副官が必要なんだ」, 「私はベストよりベターを選びたいんだ。いまの同盟軍の権力がだめだってことはたしかにわかっている。だけど、救国軍事会議とやらのスローガンを君も見たろう」, 「未来のヤン・ウェンリーがいるかもしれないさ。平和な時代なら、まだ私は無名のままさ。歴史学者の卵で、まだひよこにすらなっていないだろう」, 「ヤン・ウェンリーとかいう奴は、ずいぶんと偉い奴らしいな。あんたと同姓同名で、たいへんな差だ」, 「やった! わかったぞ!」「そうさ、勝つんだ。ヤン・ウェンリーは勝算のない戦いはしない、そうだろ?」「喜んでくれ、作戦が決まったぞ。どうやら勝てそうだ」, 「もうすぐ戦いが始まる。ろくでもない戦いだが、それだけに勝たなくては意味がない。勝つための計算はしてあるから、無理をせず、気楽にやってくれ」, 「かかっているものは、たかだか国家の存亡だ。個人の自由と権利に比べれば、たいした価値のあるものじゃない」, 「人間は誰でも身の安全をはかるものだ。この私だって、もっと責任の軽い立場にいれば、形勢の有利なほうに味方しよう、と思ったかもしれない。まして他人なら、なおさらのことさ」, 「政治の腐敗とは、政治家が賄賂をとることじゃない。それは個人の腐敗であるにすぎない。政治家が賄賂をとってもそれを批判することができない状態を、政治の腐敗というんだ」, 「今日は危なかった。トリューニヒトと会ったとき、嫌悪感がますばかりだったが、ふと思ったんだ。こんな男に正当な権力を与える民主主義とはなんなのか、こんな男を支持しつづける民衆とはなんなのか、とね」, 「我に返って、ぞっとした。昔のルドルフ・フォン・ゴールデンバウムや、この前クーデターを起こした連中は、そう思いつづけて、あげくにこれを救うのは自分しかいないと確信したにちがいない」, 「まったく、逆説的だが、ルドルフを悪逆な専制者にしたのは、全人類に対する彼の責任感と使命感なんだ」, 「なにをあわてている。世の中には、あわてたり叫んだりするにたるようなものは、なにひとつないぞ」, 「抵抗できない部下をなぐるような男が、軍人として賞賛に値するというなら、軍人とは人類の恥部そのものだな。そんな軍人は必要ない。すくなくとも、私にはね」, 「なに、単に一生分の好運をまとめて費いはたしただけだろう。これで戦いを甘く見るようになったら、かえって本人のためにならない。真の器量が問われるのはこれからだ」(初陣で活躍したユリアンに対して厳しいコメントをするが), 「ですが、ただでさえ忙しいんですよ。そんなことまで考えていたら……昼寝をする暇もなくなってしまう」, 「志を継ぐのは、べつに血を分けた息子である必要はないでしょう」 「……志があれば、の話ですがね」, 「将兵の生命より無人の衛星が惜しいとおっしゃるなら、私の判断は誤っていたことになりますが……」, 「それが非難に値するということであれば、甘んじてお受けしますが、それにはより完成度の高い代案を示していただかないことには、私自身はともかく、生命がけで戦った部下たちが納得しないでしょう」, 「無用な誤解とは、どういうものか、具体的に教えていただけませんか。何か証拠があっての深刻な疑惑ならともかく、無用の誤解などという正体不明のものに対して備える必要を、小官は感じません」, 「それでは、ひとつ、お願いがあるのですが。模範解答の表があったら、見せていただけませんか。あなたがたが、どういう答えを期待しておいでか知っておきたいんです」, 「すばらしいご意見です。戦争で生命を落としたり肉親を失ったりしたことのない人であれば、信じたくなるかもしれませんね」, 「人間の行為のなかで、何がもっとも卑劣で恥知らずか。それは、権力を持った人間、権力に媚を売る人間が、安全な場所に隠れて戦争を賛美し、他人には愛国心や犠牲精神を強制して戦場へ送り出すことです」, 「宇宙を平和にするためには、帝国と無益な戦いをつづけるより、まずその種の悪質な寄生虫を駆除することから始めるべきではありませんか」, 「わかりました。イゼルローンにもどりましょう。あそこには私の部下や友人がいますから」, 「何にしても、わが同盟政府には、両手をしばっておいて戦いを強いる癖がおありだから、困ったものですよ」, 「おっしゃるとおりです。何と言ってもイゼルローンは私の家ですからね」 「じゃあ、大尉、わが家に帰るとしようか」, 「もっとも、それですでにやられていたら、むろん対策はないんだが、これからその策で来る、ということであれば、ひとつだけ方法はあるけどね」, 「これが名将の戦いぶりというものだ。明確に目的を持ち、それを達成したら執着せずに離脱する。ああでなくてはな」, 「ああ、何にもいいことのない人生だった。いやな仕事は押しつけられるし、恋人はいないし、せめて酒でも飲もうとすれば叱られるし」, 「なあ、ユリアン。あんまり柄にない話をしたくはないんだが、お前が軍人になるというのなら、忘れてほしくないことがある。軍隊は暴力機関であり、暴力には二種類あるってことだ」, 「支配し、抑圧するための暴力と、解放の手段としての暴力だ。国家の軍隊というやつは……本質的に、前者の組織なんだ。残念なことだが、歴史がそれを証明している」, 「ルドルフ大帝を剣によって倒すことはできなかった。だが、吾々は彼の人類社会に対する罪業を知っている。それはペンの力だ」, 「ペンは何百年も前の独裁者や何千年も昔の暴君を告発することができる。剣をたずさえて歴史の流れを遡行することはできないが、ペンならそれができるんだ」, 「分裂した敵の一方と手を結ぶ。マキャベリズムとしてはそれでいいんだ。ただ、それをやるには、時機もあれば実力も必要だが、今度の場合、どちらの条件も欠いているからな」, 「組織のなかにいる者が、自分自身のつごうだけで身を処することができたらさぞいいだろうと思うよ。私だって、政府の首脳部には、言いたいことが山ほどあるんだ」, 「必要がないなんて、そんなことがあるわけないだろう。必要がなくなったから傍に置かないとか、必要だから傍にいさせるとか、そういうものじゃなくて……必要がなくても傍にいさせる、いや、必要というのは役に立つとか立たないとかいう次元のものじゃなくてだね……」, 「誰でも、帝国軍はイゼルローン回廊から侵入してくるものと考えている。そんな規則や法則があるわけでもないのにな」, 「現在の状況は古来から固定しているものと吾々は誤解しがちだ。だけど、考えてもごらん」, 「銀河帝国なんて代物は500年前には存在しなかった。自由惑星同盟の歴史はその半分の長さだし、フェザーンにいたっては一世紀そこそこの歳月を経ただけだ」, 「ユリアン、ノアの洪水の伝説を知っているだろう? あのときノア一族以外の人類を抹殺したのは、悪魔ではなく神だ」, 「これにかぎらず、一神教の神話伝説は、悪魔ではなく神こそが、恐怖と暴力によって人類を支配しようとする事実を証明している、と言ってもいいほどさ」, 「どれほど非現実的な人間でも、本気で不老不死を信じたりはしないのに、こと国家となると、永遠にして不滅のものだと思いこんでいるあほうな奴らがけっこう多いのは不思議なことだと思わないか」, 「国家なんてものは単なる道具にすぎないんだ。そのことさえ忘れなければ、たぶん正気をたもてるだろう」, 「いや、困るんだ。感心すればいいのか、私より上というていどなら大したことはない、と不安がればいいのか……」, 「いいか、ユリアン、誰の人生でもない、お前の人生だ。まず自分自身のために生きることを考えるんだ」, 「君が思いこむのは自由だが、主観的な自信が客観的な結果をみちびき出すとはかぎらないよ」, 「持つべきものは話のわかる上司だね。くえない親父さんだ……給料分以上に働かせようっていうんだな」, 「……せっかく費用と人手をかけて要塞をつくりながら、他人にそれを奪われた帝国軍のほうが、よほど無念だっただろうね」, 「私にとっては政治権力というやつは下水処理場のようなものさ。なければ社会上、困る。だが、そこにすみついた者には腐臭がこびりつく。近づきたくもないね」, 「人類が火を発見してから100万年、近代民主主義が成立してから2000年たらずだ。結論を出すには早すぎると思う」, 「目前の急務があるわけだから、まずそれをかたづけよう。夕食の用意ができてもいないのに、明日の朝食について論じてもはじまらない」, 「相手はロイエンタールだ。帝国軍の双璧のひとりだ。ひっかけがいがあるというものさ」, 「返上するほど無欲にもなれないからもらっておくが、いまさら大してありがたくもないな。まあ、ビュコック提督のおすそわけと思うことにしようか」, 「それは正論だ。だが、正しい認識から正しい行動が生み落とされるとはかぎらないからね」, 「ユリアン、吾々はチグリス・ユーフラテスのほとりにはじめて都市を築いた人々とくらべて、それほど精神的に豊かになったわけではない。だが、よしあしは別として、知識は増え、手足は伸びた。いまさら揺籠(ゆりかご)にもどることはできない」, 「ユリアン、戦っている相手国の民衆なんてどうなってもいい、などという考えかただけはしないでくれ」, 「……返事をまだしてもらってないんだが、どうなんだろう」「ありがとう。何と言うか……何と言ったらいいのか……何と言うべきか……」, 「表現は正確にすることだ。ローエングラム公が何を考えているかということと、何をやっているかということ、この両者の間には一光年からの距離があるよ」, 「他人がこんなことをしたら、あほうにちがいないと私も思うだろう。だけど、私は結局こんな生きかたしかできないんだ。かえって、私の好きな連中に迷惑をしいるとわかりきっているのになあ……」, 「私が帝国に生を享けていれば、閣下のお誘いを受けずとも、すすんで閣下の麾下にはせ参じていたことでしょう。ですが、私は帝国人とはちがう水を飲んで育ちました。飲みなれぬ水を飲むと身体をこわすおそれがあると聞きます」, 「失礼ですが、閣下のおっしゃりようは、火事の原因になるという理由で、火そのものを否定なさるもののように思われます」, 「仕事をせずに金銭をもらうと思えば忸怩たるものがある。しかし、もはや人殺しをせずに金銭がもらえると考えれば、むしろ人間としての正しいありかたを回復しえたと言うべきで、あるいはけっこうめでたいことかもしれぬ」, 「誰しも給料に対しては相応の忠誠心をしめさなくてはなりませんからね。私もそうでした。あれは紙でなくじつは鎖でできていて人をしばるのですよ」, 「レンネンカンプという人は規律の信徒であるらしい。規律に反するものは善でも認めないし、規律どおりであれば悪でも肯定するんだろう」, 「吾々は敵の堕落を歓迎し、それどころか促進すらしなくてはならない。情けない話じゃないか。政治とか軍事とかが悪魔の管轄に属することだとよくわかるよ」, 「信念とは、あやまちや愚行を正当化するための化粧であるにすぎない。化粧が厚いほど、その下の顔はみにくい」, 「信念のために人を殺すのは、金銭のために人を殺すより下等なことである。なぜなら、金銭は万人に共通の価値を有するが、信念の価値は当人にしか通用しないからである」, 「ほしいと思うのは、身体がそれを求めているからだ。だからほしいものをすなおに食べたり飲んだりするのが、いちばん健康にいいんだよ」, 「世のなかには達眼の士がいるものだ。ちゃんとわかっている。そのとおり、私はなまけ心で寝ているのじゃなくて、人類の未来に思いをはせているのだ」, 「戦争の90%までは、後世の人々があきれるような愚かな理由でおこった。残る10%は、当時の人々でさえあきれるような、より愚かな理由でおこった……」, 「心配しなくてもいいよ。何の罪やら見当もつかないが、まさか裁判なしで死刑にもしないだろう。ここは民主主義国家だ。すくなくとも政治家たちはそう言っている」, 「法にしたがうのは市民として当然のことだ。だが、国家が自らさだめた法に背いて個人の権利を侵そうとしたとき、それに盲従するのは市民としてはむしろ罪悪だ」, 「なぜなら民主国家の市民には、国家の侵す犯罪や誤謬に対して異議を申したて、批判し、抵抗する権利と義務があるからだよ」, 「だとすると、私もエゴイズムの使徒になるしかありませんね。必要とあれば私の属していた国家を、二束三文で帝国に売りわたすかもしれませんよ」, 「二ヶ月、たった二ヶ月! 予定どおりならあと五年は働かないで生活できるはずだったのになあ……」, 「最高指導者は文民でなくてはならない。軍人が支配する民主共和制など存在しない。私が指導者なんかになってはいけないんだ」, 「さあてね、両手に贈物をかかえたところにナイフを突き出されたら、よけようがないからね」, 「鷹と雀では視点がちがう。金貨の一枚は、億万長者にとってとるにたりないが、貧乏人には生死にかかわるさ」, 「……だが、いずれ必ず枯れるからといって、種をまかずにいれば草もはえようがない。どうせ空腹になるからといって、食事をしないわけにもいかない」, 「それでは彼らは自分自身の処刑命令書にサインしたことになる。皇帝ラインハルトは彼らの醜行をけっして赦さないだろうよ」, 「陰謀やテロリズムでは、結局のところ歴史の流れを逆行させることはできない。だが、停滞させることはできる」, 「地球教にせよ、アドリアン・ルビンスキーにせよ、そんなことをさせるわけにはいかない」, 「ユリアン、吾々は軍人だ。そして民主共和政体とは、しばしば銃口から生まれる。軍事力は民主政治を産み落としながら、その功績を誇ることは許されない。それは不公正なことではない。なぜなら民主主義とは力を持った者の自制にこそ真髄があるからだ」, 「強者の自制を法律と機構によって制度化したのが民主主義なのだ。そして軍隊が自制しなければ、誰にも自制の必要などない」, 「皇帝ラインハルトは、私と戦うことを欲しているらしいよ。その期待を裏切るような所業をしたら、彼は私を永久に赦さないだろうよ」, 「運命というならまだしも、宿命というのは、じつに嫌なことばだね。二重の意味で人間を侮辱している。ひとつには、状況を分析する思考を停止させ、もうひとつには、人間の自由意志を価値の低いものとみなしてしまう」, 「宿命の対決なんてないんだよ、ユリアン、どんな状況のなかにあっても結局は当人が選択したことだ」, 「さすがに疾風ウォルフだ。あの用兵は奇をてらわないが、凡将のよくするところではない」, 「ああ、その指揮官は鉄壁ミュラーにちがいないよ。異名にふさわしく、主君を守ろうとしているのだ。彼を部下に持ったという一事だけで、皇帝ラインハルトの名は後世に伝えられるだろうな」, 「つまりは、人は人にしたがうのであって、理念や制度にしたがうのではないということかな」, 「脳細胞がミルク粥になってて、考えごとどころじゃない。とにかく、すこし寝ませてくれ」, 「作戦をたてるだけでは勝てない。それを完全に実行する能力が艦隊になくては、どうしようもない」, 「戦略は正しいから勝つのだが、戦術は勝つから正しいのだ。だから、まっとうな頭脳を持った軍人なら、戦術的勝利によって戦略的劣勢を挽回しようとは思わない」, →銀河英雄伝説→銀河英雄伝説 外伝→銀河英雄伝説(ラインハルト)→銀河英雄伝説(キルヒアイス)→銀河英雄伝説(オーベルシュタイン)→銀河英雄伝説(ミッターマイヤー)→銀河英雄伝説(ロイエンタール)→銀河英雄伝説(ビッテンフェルト)→銀河英雄伝説(ミュラー)→銀河英雄伝説(ヒルダ)→銀河英雄伝説(シェーンコップ)→銀河英雄伝説(ポプラン)→銀河英雄伝説(アッテンボロー)→銀河英雄伝説(ユリアン)→銀河英雄伝説(キャゼルヌ)→銀河英雄伝説(ビュコック).

Ef 心臓 低い 7, バーバースタイル ファッション 夏 23, 闇の子供たち あらすじ 結末 9, 相葉雅紀 バイク 免許 8, ポケモン 映画 破壊の繭とディアンシー フル 14, 満点ママ 棚田 さん 休み 12, トゥデイ Mtrec グレード 4, エアロビクス 曲 80年代 9, Wooo 内蔵hdd 取り出し 4, ブラジル Tax Id 5, 石川舜一郎 Zip 卒業 7, マーク ギルダー ジェネシス 12, ジェットコースター ロマンス Mp3 12, コンド ム 妊娠率 排卵日 知恵袋 6, 鈴木一真 鈴木福 親戚 16, Miss Ya 意味 30, 強い 女性 ことわざ 7, ウイニングポスト 9 有力馬 23, 岩田剛典 実家 マドラス 30, 縄跳び ジャンプ力 バスケ 8, 実際の事件 映画 邦画 4, 多 部未華子 年齢 5, コストコ 高圧洗浄機 返品 13, 化粧品 サンプル 偽物 22, Wbgt 測定器 設置場所 20, 有吉の壁 佐藤栞里 トレンチコート 4, 犬 顔 触る 嫌がる 15, 大地の芸術祭 2020 夏 7, 早稲アカ 合宿 ブログ 5, 特命 係長 只野 仁 3 4 話 10, 流星の絆 5話 パンドラ 30, コナン 小五郎 神 回 17, うなぎ 尾花 ホームページ 11, ぽん多本家 ランチ メニュー 10, 国広 富之 現在 11, 邪神ちゃん 2期 12話 28, マイクラ ピグリン 取引 自動 19, Udトラックス 夜間 コールセンター 電話番号 8, おおかみこどもの雨と雪 動画 B9 7, フクロウ 絵画 おしゃれ 12, 通算 打率 Wiki 24, ジョジョ ダービー グッド 18, 森永乳業 Cm 女性 12, 容姿端麗 眉目秀麗 違い 23, リング 呪いのビデオ 意味 8, Bmw 5シリーズ 電源 5, 応援歌 歌詞 野球 7, 復縁 成功例 元カノ 41, 喫煙者 減少 理由 18, レイカーズ スタメン 2020 4, 読売テレビ 報道 部 6, ハーフ クォーター ワンエイス 23, 真女神転生4 Final ストーリー 4, カメラを止めるな 感想 つまらない 29, Youtube 登録者 確認 他人 12, スターミー 進化 タイミング 8, Apex スコープ 距離 55, My Music 消えた 7, アタック25 パネル 作り方 7, Pubg プレイグラウンド グレネード 4, Zoom Api Oauth 4, ドイツ トイレ 有料 理由 6, 引用 参考 違い 4, 国家試験 カンニング 合格 23, 道の駅 農 匠 の郷やくの 41, あいのり Tk 結婚 5, メサイア 配信 中止 なぜ 33, 酒粕パック 作り方 水道水 7, 劇場 版 海 猿 動画 9, 相葉雅紀 バイク 免許 8, 無愛想 男性 好き 13, トランクルーム 室内 千葉 5, 佐野アナ 中京 旦那 5, 有吉 Eee 三村 8, エレ メンタリー ベル刑事 怪我 15, Akb 西武ドーム ひどかっ た 9, 中学受験 適性検査 問題集 12, テニプリ 技 クイズ 12, 人間椅子 ドラム 脱退 6, ジャンクスポーツ 動画 2020 4, 鎌田 大地 ウイイレ 能力 4, 竹中工務店 社員 一覧 4, Apple Watch 乗換案内 経路一覧 削除 18,

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.