【特集】nbaファイナル2020 ロサンゼルス・レイカーズ 優勝への軌跡 【特集】レイカーズ 優勝への軌跡 NBA 10月19日 前半で流れをつかんだレイカーズが後半も攻め立て、第3クォーター残り6分4秒の時点でこの日最大となる32点差をつけて大量リードを奪う。そのまま最後まで反撃を許さなかったレイカーズが116-98で完勝。大事なファイナルで先手を取ることに成功した。

10月1日(現地時間30日)、ロサンゼルス・レイカーズ対マイアミ・ヒートのNBAファイナル第1戦が行われた。, 10年ぶりのファイナル進出を果たしたレイカーズと、史上初となる東第5シードからファイナルへ駒を進めたヒートの一戦は、ヒートがジミー・バトラーとバム・アデバヨを中心に攻め立ててリードを広げるが、レイカーズが徐々に盛り返して31-28とレイカーズが3点リードで第1クォーターを終える。第2クォーターも序盤はヒートがペースを握って試合を進めるが、レイカーズがスリーポイントを沈めて流れを取り戻すと、65-48と17点差をつけて前半が終了した。, 前半で流れをつかんだレイカーズが後半も攻め立て、第3クォーター残り6分4秒の時点でこの日最大となる32点差をつけて大量リードを奪う。そのまま最後まで反撃を許さなかったレイカーズが116-98で完勝。大事なファイナルで先手を取ることに成功した。, レイカーズはアンソニー・デイビスが34得点9リバウンド、レブロン・ジェームスが25得点13リバウンド9アシストと活躍を披露。一方のヒートはバトラーが23得点と活躍するも他のスタメン陣の得点が伸びず。だが、ベンチからケンドリック・ナンが18得点、タイラー・ヒーローが14得点とスコアを伸ばした。, 34得点を挙げたデイビス(左)と25得点を記録したジェームス(右)[写真]=Getty Images, 富山グラウジーズが終始リードを奪い敵地で快勝…川崎ブレイブサンダースと1勝1敗の痛み分け, 大阪エヴェッサが橋本を中心に第2Qに躍動…島根スサノオマジック相手にホームで連勝を飾る, 名古屋ダイヤモンドドルフィンズが第1戦の雪辱を晴らす快勝…試合を通してサンロッカーズ渋谷を抑え込む, デレック・フィッシャー、古巣レイカーズの優勝について「今年の優勝はこれまでとはまったく異なるもの」, FA戦線を1週間後に控えたヒートのゴラン・ドラギッチ「僕にとって最も重要なのは…」, 富永啓生がネブラスカ大学編入に正式サイン…「来シーズンから一つの夢であったNCAAでプレーします」, NBA復帰を目指すジェレミー・リンがカリーを含むウォリアーズの選手たちとワークアウト, ニューバランスからカワイ・レナードのシグネチャーシューズの新カラーが登場…11月12日より発売, レジェンド田臥勇太が370日ぶりにコート復帰。「自分を支えてくださった皆さんに感謝です」, 【ウインターカップ2020】大阪府予選、女子は大阪薫英女学院が優勝。ウインターカップへの残り一枠は22日に決定, 信州ブレイブウォリアーズが敵地で金星!琉球ゴールデンキングス の連勝は「11」でストップ. 全て含めてレイカーズが1番上手くやりました, いろいろ含めてね。

レブロンとロンドはプレイタイム分けるのが効果的で、レブロンが出てる時間はカルーソとかAB出しといた方がいいよ, スタート:カルーソ、DG 、キング、AD 、マギー 2nd :ロンド、AB、KCP/ダドリー、クズ、ドワイト スタートのバックアップ:クック、TD, レブロンが1番全盛期に比べて落ちたのってあよ鬼スタミナな気がする。その結果ディフェンスで全力出せないもしくは出さないに繋がってる気がする。レブロンがディフェンスすごかったのはもう5年くらい前だしどんだけ周りのメンバーに余裕ができてもあの頃の動きには戻れないと思う。, 4番AD、5番マギーのインサイドコンビ楽しみや! あとナチュラルにカズンズの略称がクズで草, 2ndユニットの時間帯でもレブロンかADは残して、レブロン残した時はスモール、AD残しの時はロンド中心ってのが良いと思う, DF要員は多いけど中外スイッチできるディフェンダーいないのは不安要素だな。AB、ダニグリ、KCP、ダドリーと外のDF上手いやつは豊富なのに, ADはロンドと組んだ時がキャリアハイのオフェンスだったし楽しみだな 流石に昨季みたいに怪我人が続出しなければプレーオフは進むと思うけど, 14 NOP時代より負担軽くなるし多少は怪我も減るんじゃね レブロンとシューターいるからディフェンス分散するしハワードとマギーいるから今までほど中で無茶しなくて済むし, ロンドとレブロンとハワード ローズとグリフィン この組み合わせフィットするかとか置いといてめちゃくちゃテンション上がる, レブロンのキックアウト先がロンドって勿体なって思っちゃうから、別々に使った方が良いと思うけどな, その分高い金払ってんだから ↑パーソンズとかウォールへの皮肉かな。レブロンは実力ほどもらってないだろ, 衰えたなら、オフェンスもディフェンスもそこそこに頑張ればいいのに、なんで オフェンス全振り、ディフェンス全サボり になってしまうのか, 20 そりゃ、「今と同じぐらいDFサボりながら」OFもサボったら文句言うに決まってるだろ, 22 でも、今のディフェンスと同じくらいオフェンスをサボって、その分ディフェンスに全振りしたとしても文句言うだろ?, なぜそんな極端な仮定をする? オフェンスもディフェンスも「ちょっとずつ」手を抜けばいいんじゃない?って話をしてんの, 手を抜いた結果勝てるんだったら文句ないけどLALでは勝ててないから文句言われるんだよなあ。これは仕方ないことだぞ。, でも正直さレブロンがディフェンス頑張ってオフェンスは抑えてPOの平均が20点5アシストとかになってたとしたらCLE時代ファイナルまで行けなかったよね。アービングがいたときはもっとオフェンスでは楽できてて今ほどサボってなかったしね。見栄え的にはよくないし見ててムカつく気持ちはもちろんわかるけど。レブロンがディフェンスしてればって気持ちもわかるしガス欠して後半決めれなくなるのも問題だし案外難しい問題だよね。, 例えばレブロンとよく比較されるMJは、後期3連覇の時、オフェンスもディフェンスも若い頃より省エネなスタイルだったけど、特に叩かれてないだろ, 33歳~35歳で体力衰えてたのに3年連続「得点王 兼 オール・ディフェンシブ1st」だったMJとは役者が違うのかな, とりあえずレブロンは異次元の化け物すぎるから何歳になっても48分以上常にフルパワーで攻守共に動き回って平均28点以上取ってなおかつ毎年優勝しない限り騒ぐやつは騒ぐよ 34歳なんて引退してても全然普通の年齢だけどレブロンに限っては34歳だろうが40歳だろうが50歳だろうが常に25〜6歳の動きをしてないと叩かれる そういう意味では衰えても擁護してもらえるシャックとかジョーダンより期待されてる選手とも言える, 34 役者が違うってかプレースタイルと時代とチーム状況が違いすぎるからな ジョーダンの頃は平均28〜30程度取れれば得点王だけど今は30点程度じゃ得点王なれないし、ジョーダンの倍以上アシストもマークしてるレブロンが得点王狙うなら全盛期の西ブル、髭と同じことしろって言ってるようなもん 何よりチームメイトもHCも歴代NBAでも屈指の豪華さだったブルズとレブロン在籍チームのキャブス、レイカーズじゃ何もかもが違いすぎる, 誰も「オフェンスには」ケチ付けてないよ MJの得点王に匹敵するパフォーマンスをしてることは分かってる、オフェンスではね, つか34以上の年齢で今のレブロンより攻守で良いパフォーマンスしてたスーパースター選手なんてジョーダンくらいやろ マジックもシャックも今のレブロンより若い頃からめちゃくちゃ衰えてたし酷かったし ジョーダンの周りにピッペン、ロッドマン、ハーパーっていう最高のディフェンダーがいてクーコッチなんかもいてジョーダンにかかる負担はめちゃくちゃ軽かったし 仮にジョーダンとレブロンの立場が逆だったらジョーダンは無能なHCのジョーダン頼りの戦術を取り入れたチームで周りはディフェンスの悪い選手と大ベテランとジャーニーマンと怪我人だけ あるいは伸び悩んでる1年目2年目の若手ばっかのチームで得点王&オールディフェンシブ1stの活躍できるかって言ったら無理でしょ, 他のスーパースターと呼ばれる選手たちは衰えたら「年齢考えたら仕方ない」と擁護されレブロンに限定したら衰えたら「サボってる」と叩かれる 史上最高のスーパースターの宿命だわな アンチの数じゃジョーダンなんかはるかに超えたスーパースターだろ, 真のスーパースターはどこのチームとも契約してなくても、まともなトレーニングもせずにブクブク太っても国際大会では最強って言ってもらえるような選手のことだぞ。, MJとレブロンどっちが上かとか正直わからないけどこの2人は別格なのは誰しもが認めてるしファンとしてもアンチとしてもレブロンが簡単に衰えたら正直つまらんよね, 少し前にアリーナスが言ってた通りだと思うわ 当時の環境にレブロンがいたら間違いなくピッペンやジョーダンでも止められない存在になってただろうしジョーダンもあんな優勝できてなかったと思う, 全ては時代 ジョーダンはあの時代で最高の選手だった その時代で数々の記録を残してGOATとなった レブロンは今の時代で最高の選手 今の時代で数々の記録を残してジョーダンと比較されるようになった, ジョーダンは確かに晩年までディフェンスも良かったけど当時は2m超えでガード並のスキルを持つ選手はごく僅かで、グラントヒルを止められる選手はほぼいなかった けど今は7フッターでハンドリングもパススキルもシュート力もクイックネスも素晴らしい選手が何人もいてディフェンスははるかに難しい, だから一生議論してもどっちが凄いかは結論は出ない ジョーダンは当時のGOAT レブロンは現代のGOAT, レブロンって、マジディフェンスは凄いのに、スタッツ狙いで長い時間出るためにディフェンスサボりまくってるんだろうな。, ボール運びとパス配分、スコアリング、インサイドで体張ることに加えてディフェンスまでチームで一番働くことが求められるレブロン。ブラック過ぎ, ここ何年かゲームメイクは他に任せてレブロンは得点とディフェンスに専念みたいな書き込み見るけど、実際無理だからこうなってるわけで, カルーソをスタートにする判断をボーゲルが下せるかどうかがポイント。カルおじがスタートなら優勝確定, J.R.スミス、自身の痛恨ミスについて「同点なのは知っていた。KDが前にいたらシュートは打てない。」【NBAファイナル2018 GAME1】, 【NBA 2018】クセのある面子が集まったレイカーズだけどケミストリーは大丈夫なの?, デマーカス・カズンズ、復帰戦は15分で退場も史上最強チーム誕生を予感させるフィット感【NBA 2018-19】, クリポと喧嘩別れしてブル選んだ髭がアホなだけやろ 髭のメンタル面のネガティブな記事めちゃくちゃ出てきてるし、本質的にリーダーじゃないんやろな, システムで負けたのはその通りだが、そのシステムにしたのも西ブルだろ。 CP3、カペラがいるHOUをまだ見たかったわ, ハーデンもメロもクリポも西ブルも優勝せずに終わりだろうな ストマロ、バークレー、レジーあたりの仲間入り.

2020年10月12日 By whynot 2020ファイナル, 2020プレーオフ, ⑥ゲームレポート レイカーズ3-2ヒートで迎えるゲーム6 驚くことにレイカーズはスターターをハワードからカルーソに変更です。 【KJ松井のCatch&Shoot(38)】米プロバスケットボールNBAはロサンゼルス・レイカーズが2019~20年シーズンの年間王者に輝いた。 主に八村塁とワシントンウィザーズについて記事を書いています。ツイッター@ddnbajapan, didinba:【ミニコラム】コントロール&スコアリング理論【ウィザーズ】 (11/15), nbaファン1年目:【ミニコラム】コントロール&スコアリング理論【ウィザーズ】 (11/15). かといって減らしすぎるとサラリーキャップどうするのか。, ロスター枠も大きくしておかないとケガ人への対処が後手後手になってしまいます。 ¥È¥ì¥¤¥é¡¼¸ø³«¡£È¬Â¼ ÎÝÁª¼ê¤¬Ëܺî¤Ë¤Þ¤Ä¤ï¤ë¼«¿È¤Î»×¤¤½Ð¤ä¡¤¥²¡¼¥à¤ÎÆÃħ¤ò¸ì¤ë, ËÝÌõ¤Ï¥º¥¿¥Ü¥í¤À¤¬¡¢»ß¤á¤é¤ì¤Ê¤¤ÌÌÇò¤µ¤¬¤¢¤ë. 128 : 2019/09/09(月) 00:47:20.53 ab ダニグリ レブロン ad ハワード のデスラインナップか 4.5は、クズマ adかもしれんけど 129 : 2019/09/09(月) 08:53:29.11 デスラインナップならそれこそ レブロン ダニグリ クズマ ad ハワード

であれば、来年楽しみ!, ヒートはサラリーの大幅削減にも成功しているので、来年以降も問題ないです。完璧すぎるパット・ライリーでした。, ローズがケガをしなくても、時代は変わらず動いていたでしょうね。ウォリアーズ側なので。 enable_page_level_ads: true 準備期間とりすぎじゃないか?とも思いましたが、実は一番忙しいのが運営なんでしょうね。. 更新ありがとうございますLALは今季どこまでいくかそれによってチーム方針が変わるかもしれませんねデローザンのトレードの内容面白いですクズマはLALを出て一皮むけるのかパウエルはプレータイム抑えれば悪くなさそうブランソンは若いPGで期待できるけどドラフト指名選手がポブセブスキーなのが去年のサマニッチの件があるので不安ですね質問なんですがドラフト当日のトレードと指名されてから30日経過してからのトレードの違いが分かりません, didiさん、こんばんは。今期のレイカーズは仰る通りの展開ですね。レブロンとAD以外の攻撃オプションが弱いのですよ。今日のPO第1戦もまさしくそんな感じになりました。本来はクーズマがそんな位置づけのはずなんですが、シュートは思い切りが良くたくさん射つものの、ムラが多く確率もイマイチです。ディフェンスはだいぶ改善されましたが、それでも動きはまだ甘いようです。補強のポイントはやはり優秀なウィングマン、シックスマン、それとADの控えとしてフィジカルが強いPFでしょうか。デローザンの獲得は良い補強となりますね。SASとしても、若手のクーズマの獲得で新しいチームの攻撃の核ができそうです。DALもグリーンを獲得することで、ディフェンスが格段と良くなります。デリックローズをシックスマンとして獲得するのもいいですね。元々レイカーズはローズの獲得を狙っていましたし。FAではトレイクレイグとネイピアはどうでしょう。レブロンはネイピアを気に入っているようですし。クレイグはクーズマのような役割でリバウンドも取りますし、ディフェンスはタフですからね。ドラフトでは、I・スチュワートを推します。PFでもいけると思うんですよね。ハワードがファウルも多い選手なので、リム周りを厚くしておきたいです。という具合で、今期POを勝ち上がるかわかりませんが、今日の試合を観て尚更来期の補強の必要性を感じました。, LALは今年優勝できないと来年解散する可能性もあるので、予想が難しいですねベスト4くらいに入って、もう1年レブロンAD体制でやるという仮定で考えてみます残す候補はバックアップガードのAB、生え抜きクズマ、何故かスタメンのマギー、意外と活躍してるハワードミニマムサラリーの選手が多いのでトレードに含まれなければ残しダニーグリーンはサラリーほど活躍できていないので放出トレードパッケージに合わせてロンド、カルーソ、JRスミスあたりも放出RSではペイントの守備がよく、リモコンダンクが強みになっていたと思うので、バランスを良くするためにも、スリーが入る選手は更に欲しいかなプレイメイクはグリーンとのトレードで、あえてロンゾボールを取り戻して欲しいですグリーン+指名権 ⇔ ロンゾ+サラリー調整要員まあNOPはグリーンいらいないと思うので無理ですね, > 更新ありがとうございますコメントありがとうございます!今回は3チームトレードで、ポクセブスキーのサラリーを含めたかったので30日間空けたのですが、基本的には確かドラフト順位がロッタリーで決まったあと、ドラフト当日までは指名権をトレード出来ないので、その年のドラフト指名権絡みのトレードの場合ドラフト当日に行われるのではないでしょうか。順位が決まってから戦略をたてるチームが殆どだと思いますし。持っている指名権をトレードダウンさせたり、他チームと違う資産で交換したりなど。ドラフト当日の契約が済んでいない段階ではサラリーが絡んだトレードというより、指名権=$0扱いで出来る最終日なのかもですね。今回の場合はそもそも指名権に絡まないチームと、3チームトレードでトレードをやろうとしてますし、ドラフト選手のサラリーを含めてやってるためドラフト当日トレードは出来ないと思い、とりあえずこうしてみました。, > didiさん、こんばんは。コメントありがとうございます!クズマはオールラウンドになんでもこなせますが、スコアラーではないですし、何よりムラがあるので難しいですよね。ウィング、シックスマン、そして確かにadの控えも欲しいです。現在マーキーフモリスですし。ネイピアはレイカーズにあってますよね。シューターですし、本来クックに期待した役割をこなせそう。, > LALは今年優勝できないと来年解散する可能性もあるので、予想が難しいですねコメントありがとうございます!ロンゾを取り戻すのは面白いですね。プレイメイクもですし、レブロンの役割をやれる選手ですし、シックスマンだと良さそうです。まぁシュートが不安定なのはまだ変わりないので取るかと言われたらとらなそうですが。最悪この1回戦で負けたらADが他チームにいく可能性までもありますし、果たしてどうなるのでしょうか。, Author:didinba 驚くことにレイカーズはスターターをハワードからカルーソに変更です。変更したいのはわかるけど、まさかカルーソとは。その狙いが何なのかと思ったら、レブロンのポジション変更みたいなので、本当にカルーソが良かった様子です。, ボールをカルーソに渡したレブロンはKCPとのスクリーン交換をしたり、インサイドでリバウンド争いに参加したり。もちろんPGとして運ぶこともあるけど、PGしない時はインサイド系統を増やしています。レイカーズはもともと起点を増やすて勝負することは多いのですが、初めからやらない理由は、そもそもレブロンが初めからはアタックしないから。それが1Qからアタックさせたいようにも見えます。, トランジションから得点していくレブロン。ただ、やっぱりハーフコートはAD中心です。怪しいプレーを連発するADのパスがあまり機能しないので、トランジションでレブロンが得点してくれていることは大切かも, 驚くのは初めの交代がKCP→ロンドだったこと。その直後にダニー→KCPもやったけどね。クズマとモリスではないってに狙いはいまいちわかりません。ゲームトータルでみたら交代が苦しくなりそうなのにね。, その後でレブロン&カルーソ→クズマ&モリスでした。レブロンとクズマを交代させたいのはわかるけど、ADがイマイチなのでオフェンス苦しくなりそうだ。, まぁ結局のところレイカーズはトランジション次第って感じのスタートです。レブロンのアタック、KCPがスティール速攻で先手はとった。とったけど、またダンカンに決められています。1本はダンカンのタフショットだけど、もう1本は空いたヒーローを埋めに行ったダニーによってダンカンがフリーになりました。まぁヒーローなら仕方ないか。追い掛け回せるスモールにはあまり意味はなかったってことです。, ヒートはアウトサイドは決まっているものの、ドライブ→アデバヨのパターンがイマイチ。それが何でかっていうとパスが悪いのですが、なんていうか、アデバヨならそれでも何とかしそうっていうイメージもあるから、コメントしにくいよね。, そのパスさえしっかりと出ればヒートのオフェンスは機能していそうなのですが、決まらないんだよね。それでもバトラーも3P決めて何とかついていくと、1Q終盤にドラギッチが登場します。マジか。出れるのか!?, そのドラギッチはファーストプレーでドライブからアデバヨへのアリウープ。かなり強引なのだけど、そこはアデバヨがキャッチしADのファールになります。ここまで失敗していたドライブからのアシストがドラギッチのムチャぶりパスだと通用するってすごいし、レイカーズ側からすると予想していなかったパスなんでしょうね。, ドラギッチの登場はゲーム5で出続けていたバトラーを休ませることになりました。おそらくそれだけで十分なんじゃないかな。1分間休ませることが出来たバトラー。その間にドラギッチのリズムはレイカーズが慣れていないリズムでした。あとドラギッチとアデバヨの相性がよくてね。, 1Qはレブロンの9点3アシストもあってレイカーズがリードしました。狙いとしては成功したのかな。ハワードがいないことで簡単に穴は作られないので安定したディフェンスにもなりました。, ヒートのピックアップミスからロンドの3Pで10点リードになったレイカーズ。圧力を強めたそうなヒートはバトラーがアタックしてファールドロー、リバウンドにも強気に飛び込みます。ちなみにドラギッチも残っています。, しかし、どうにもレブロンが。バトラーは1on1では多くの場面でレブロンを止めていますが、それはあくまでも止まった状態から始まる時であって、トランジションになってしまうと苦しくて苦しくて。ただしフリースローを外してくれるので思いっきりファールしたら成功しました。, ドラギッチのレイアップこそ決まったものの、次第にオフェンスが手詰まりに。うーん、今度はドラギッチが溜めるのにヒート側が慣れていない感じかも。ダンカンがベンチにいることもあってオフボールが少なくなってきました。そんな時はアデバヨのセカンドチャンスに頼りたいのだけど、ボックスアウト徹底されています。, そしてなんかどうも本日はレフリーコールが緩め。「間違っている」じゃなくて緩め。レブロンとドラギッチが衝突しても、ダニーがダンカンに押されても(フロッピング)無視してきます。それはむしろインサイドに攻め込んでファールドローを狙いたいヒート側に大きく響いている気がします。ドライブアタックが得点にならない。, そしてフィジカルな戦いが容認されていると、スキを突いてくる選手が活躍するよね。ってことでロンド。ゲーム5が悪かったこともあって気合が入っているのか、アグレッシブに自分で行って得点していきます。前半はFG6/6です。ここまでADが全く機能していない形なのですが、カバーしているロンド。ディフェンスでもスーパーヘルプでADのブロックと共に押さえ込んでいきます。, するとKCPもマレーみたいなミドルレンジでのファールドローから&ワン。レフリーコールが緩かったからか、フィジカルに守って逆にファールが増えている感じになってきます。コンタクトが許されるため、ゲーム5はスルスルっと抜けていた気がするプレーが全然抜けない。だけどコンタクトしすぎてコールされるみたいな。, そしてファールが増えてきた終盤はボーナススローだらけに。ADが強引にインサイドに押し込んでポジションをとる(ファールにはならない)から、パスがくるとファールがコールされるって感じです。これを決めていくADと外してしまったアデバヨ。, 20点リードになると、さらにカウンター速攻からKCPが一度は外すもリバウンドをねじ込み、カルーソはレブロンのアシストからレイアップ。終盤に一気にレイカーズペースになった2Qです。, うーん、バトラーから始まるオフェンスにならないことが増えたヒートが困ったのかな。どうしてそうなったのかはイマイチわかんない。ロンドやカルーソがバトラーに張り付いてはいたけど、それでバトラーが困るってこともないだろうし。やっぱりボールのないコンタクトがコールされないからかな。, KCPが2本の3Pも追加し、28点リードで前半が終ります。史上2番目に多い得点差だそうです。1Qの時点ではこうなるとは思えない展開だったのに、レブロンが2点3アシストだった2Qに20点差がついてしまった。何とも言えない前半でしたが速攻が14-0なのがヒートには重くのしかかっています。, レイカーズのオープン3Pは相変わらず、そんなに決まっていないのですが、レブロンはドライブでねじ込むのに対して、ヒーローはフローターが全く決まらずエアボールすら放ち、頼みのバトラーすらも外し始めました。, ハワードがいないことはADがアデバヨのマークになるので、バトラーのマークはレブロンやダニーが担当します。ゲーム3くらいまでバトラーは好き勝手にダニーを抜いていましたが、ここにきて抜けなくなり始めました。疲れてしまったのか、ダニーが慣れてきたのか。, 代わりにアデバヨが3Q序盤の得点を支えますが、ずっと個人で得点するタイプじゃないし、30点差を追い上げるには苦しいな。, そんなわけでヒートのオフェンスが苦しすぎて、追い上げる気配がないので退屈になってきます。30点差があるならレイカーズはある程度インサイドを捨てられます。アデバヨにやられてもカバーしすぎる必要はなく、3P打たせない方が大切。多彩ではなくなるヒート。, ドラギッチとアデバヨのケガがありながら、ヒートは非常によく頑張りました。この2人がいない状況では明らかに力の差がありましたが、ゲーム3の勝利は衝撃的でもありました。加えてゾーンを完膚なきまでに攻略されたことで、飛車・金・桂馬がない状況でタイトル戦を戦ったみたいな感じです。, ただし、そこにはレイカーズがオープンの3Pを外しまくるという事情もあったわけです。どうしようもないくらいに外しました。何故ここまでレイカーズが外したのかは、よくわかりませんが、ヒートの見えないプレッシャーにも押されていたのでしょう。ゲーム5の失態も含めてレイカーズは全体的には緊張感が欠けていた気もします。, ただこれらのこともレブロンには関係なかったというか、誰よりも緊張感のあるプレーをキングはしていました。そこは経験値なのでしょう。失敗も多く経験してきているので、緩んではいけないことを知っていました。最後までレブロンに頼ったファイナルだったと思います。, ADも頑張ったけどね。仕事の量はADの方が遥かに多いけど、打開してしまう能力は段違いにレブロンだった。, ファイナルになると相手が強くなって苦しむレブロンってのが通例でしたが、さすがに今のヒートではそれは苦しかった。代わりにチームメイトは苦しみまくったことで、苦戦したファイナルでした。, 思えば、バブルになってからギリギリの戦いを続けて疲弊し、最後はリラードが離脱したブレイザーズ、ゲーム7を戦い抜いてヘロヘロだったナゲッツ、そしてドラギッチとアデバヨが抜けたヒートと、レイカーズに追い風が吹きまくっていたプレーオフでした。ロケッツには完勝。, そういう流れを掴むこと、そして失いそうでも何とかしてしまえるレブロンとAD。ヴォーゲルがもたらしたハードワークとディフェンスを武器に安定して戦い、追い風を受けたようなレイカーズでした。おしまい。, 試合は最後まであきらめる気がないスポルストラがオリニクも起用して3Pとトランジションを増やし、空いていくアデバヨが押し込みまくります。一方で20点差あるのに不愉快な表情をするヴォーゲルによってレブロンとADはプレーし続けます。, レブロンの3Pやミドルで加点するくらいしかないレイカーズなので、全体的にはちょっとずつヒートが良い。ちょっとだから点差はなかなか縮まらないけどね。, ヒートとしては本当は3P止められたら、こんな形になるはずでした。バトラーの驚異的な活躍でカバーしていたけど、カバーしきれなくても本当はね。, 今シーズンのプレーオフに旋風を巻き起こしたヒート。シーズン中から準備していたプレーの数々ではあったものの、プレーオフになってドラギッチがスターターとなり、さらに洗練されてくると共に、明確な役割分担で新たな戦術を切り拓いた感じもあります。, 「この経験を・・・」なんてものありますが、この戦術がリーグ全体にどのように波及するかも気になります。そんなこともオフになったら考えてみましょう。, 元気な方が強いは真理ですね 熱中症 塩 なめる 量 20, 海辺の映画館 キネマの 玉手箱 上映 館 8, 確約 できない 類語 24, ネット 陰湿 なんj 41, 有吉の壁 パンサー #trf 20, Logicool ウェブカメラ コントローラー 10, 有 村 架 純 の 撮 休 舞台挨拶 4, 藤原竜也 富山 撮影 13, Ark ケツァルコアトル ブリーディング 16, 山本 有三 の娘 10, ギルティクラウン 次回予告 至高 恩恵 22, ペーパードライバー 克服 アプリ 9, 岡山 川 汚い 5, パート 内職 掛け持ち 扶養 6, コナン 涙 Pixiv 7, 推しカプ プレゼン テンプレ 4, 生理前 眠気 仕事に支障 8, ハイキュー アニメ 感想 3話 6, ロストドライバー 20th 違い 5, 足の 付け根 の骨 名前 12, シリーナート ウォン ワ チラー パック 37, アプリ カップルズ 位置情報 11, Zoom アクティベート メール 16, アクラフ ハキミ 背番号 17, 派遣 暇 帰る 7, Ark Mod おすすめ 2019 19, ドラクエウォーク ストーリー 解放 22, 有吉 ゆるせ ない話 5, 毛糸 ほどいて 洗う 9, モンスト 紋章 ゲージ 7, 久保田悠来 テニミュ 降板 45, ショック 画像 怖い 17, アクセルワールド 黒雪姫 親 17, ハイキュー 漫画 海外の反応 57, " />

レイカーズ スタメン 2020 4

NBAを観るなら【NBA Rakuten】!レイカーズLos AngelesLakers(LAL) の成績・試合日程や最新情報・動画、所属選手はこちらから!NBA Rakutenでは、日本語実況&解説付きLIVE・見逃し(VOD)配信やオリジナル番組・ハイライト映像を提供! さらに無料で観られる動画や最新ニュースも充実! google_ad_client: "ca-pub-3297546638242151",

【特集】nbaファイナル2020 ロサンゼルス・レイカーズ 優勝への軌跡 【特集】レイカーズ 優勝への軌跡 NBA 10月19日 前半で流れをつかんだレイカーズが後半も攻め立て、第3クォーター残り6分4秒の時点でこの日最大となる32点差をつけて大量リードを奪う。そのまま最後まで反撃を許さなかったレイカーズが116-98で完勝。大事なファイナルで先手を取ることに成功した。

10月1日(現地時間30日)、ロサンゼルス・レイカーズ対マイアミ・ヒートのNBAファイナル第1戦が行われた。, 10年ぶりのファイナル進出を果たしたレイカーズと、史上初となる東第5シードからファイナルへ駒を進めたヒートの一戦は、ヒートがジミー・バトラーとバム・アデバヨを中心に攻め立ててリードを広げるが、レイカーズが徐々に盛り返して31-28とレイカーズが3点リードで第1クォーターを終える。第2クォーターも序盤はヒートがペースを握って試合を進めるが、レイカーズがスリーポイントを沈めて流れを取り戻すと、65-48と17点差をつけて前半が終了した。, 前半で流れをつかんだレイカーズが後半も攻め立て、第3クォーター残り6分4秒の時点でこの日最大となる32点差をつけて大量リードを奪う。そのまま最後まで反撃を許さなかったレイカーズが116-98で完勝。大事なファイナルで先手を取ることに成功した。, レイカーズはアンソニー・デイビスが34得点9リバウンド、レブロン・ジェームスが25得点13リバウンド9アシストと活躍を披露。一方のヒートはバトラーが23得点と活躍するも他のスタメン陣の得点が伸びず。だが、ベンチからケンドリック・ナンが18得点、タイラー・ヒーローが14得点とスコアを伸ばした。, 34得点を挙げたデイビス(左)と25得点を記録したジェームス(右)[写真]=Getty Images, 富山グラウジーズが終始リードを奪い敵地で快勝…川崎ブレイブサンダースと1勝1敗の痛み分け, 大阪エヴェッサが橋本を中心に第2Qに躍動…島根スサノオマジック相手にホームで連勝を飾る, 名古屋ダイヤモンドドルフィンズが第1戦の雪辱を晴らす快勝…試合を通してサンロッカーズ渋谷を抑え込む, デレック・フィッシャー、古巣レイカーズの優勝について「今年の優勝はこれまでとはまったく異なるもの」, FA戦線を1週間後に控えたヒートのゴラン・ドラギッチ「僕にとって最も重要なのは…」, 富永啓生がネブラスカ大学編入に正式サイン…「来シーズンから一つの夢であったNCAAでプレーします」, NBA復帰を目指すジェレミー・リンがカリーを含むウォリアーズの選手たちとワークアウト, ニューバランスからカワイ・レナードのシグネチャーシューズの新カラーが登場…11月12日より発売, レジェンド田臥勇太が370日ぶりにコート復帰。「自分を支えてくださった皆さんに感謝です」, 【ウインターカップ2020】大阪府予選、女子は大阪薫英女学院が優勝。ウインターカップへの残り一枠は22日に決定, 信州ブレイブウォリアーズが敵地で金星!琉球ゴールデンキングス の連勝は「11」でストップ. 全て含めてレイカーズが1番上手くやりました, いろいろ含めてね。

レブロンとロンドはプレイタイム分けるのが効果的で、レブロンが出てる時間はカルーソとかAB出しといた方がいいよ, スタート:カルーソ、DG 、キング、AD 、マギー 2nd :ロンド、AB、KCP/ダドリー、クズ、ドワイト スタートのバックアップ:クック、TD, レブロンが1番全盛期に比べて落ちたのってあよ鬼スタミナな気がする。その結果ディフェンスで全力出せないもしくは出さないに繋がってる気がする。レブロンがディフェンスすごかったのはもう5年くらい前だしどんだけ周りのメンバーに余裕ができてもあの頃の動きには戻れないと思う。, 4番AD、5番マギーのインサイドコンビ楽しみや! あとナチュラルにカズンズの略称がクズで草, 2ndユニットの時間帯でもレブロンかADは残して、レブロン残した時はスモール、AD残しの時はロンド中心ってのが良いと思う, DF要員は多いけど中外スイッチできるディフェンダーいないのは不安要素だな。AB、ダニグリ、KCP、ダドリーと外のDF上手いやつは豊富なのに, ADはロンドと組んだ時がキャリアハイのオフェンスだったし楽しみだな 流石に昨季みたいに怪我人が続出しなければプレーオフは進むと思うけど, 14 NOP時代より負担軽くなるし多少は怪我も減るんじゃね レブロンとシューターいるからディフェンス分散するしハワードとマギーいるから今までほど中で無茶しなくて済むし, ロンドとレブロンとハワード ローズとグリフィン この組み合わせフィットするかとか置いといてめちゃくちゃテンション上がる, レブロンのキックアウト先がロンドって勿体なって思っちゃうから、別々に使った方が良いと思うけどな, その分高い金払ってんだから ↑パーソンズとかウォールへの皮肉かな。レブロンは実力ほどもらってないだろ, 衰えたなら、オフェンスもディフェンスもそこそこに頑張ればいいのに、なんで オフェンス全振り、ディフェンス全サボり になってしまうのか, 20 そりゃ、「今と同じぐらいDFサボりながら」OFもサボったら文句言うに決まってるだろ, 22 でも、今のディフェンスと同じくらいオフェンスをサボって、その分ディフェンスに全振りしたとしても文句言うだろ?, なぜそんな極端な仮定をする? オフェンスもディフェンスも「ちょっとずつ」手を抜けばいいんじゃない?って話をしてんの, 手を抜いた結果勝てるんだったら文句ないけどLALでは勝ててないから文句言われるんだよなあ。これは仕方ないことだぞ。, でも正直さレブロンがディフェンス頑張ってオフェンスは抑えてPOの平均が20点5アシストとかになってたとしたらCLE時代ファイナルまで行けなかったよね。アービングがいたときはもっとオフェンスでは楽できてて今ほどサボってなかったしね。見栄え的にはよくないし見ててムカつく気持ちはもちろんわかるけど。レブロンがディフェンスしてればって気持ちもわかるしガス欠して後半決めれなくなるのも問題だし案外難しい問題だよね。, 例えばレブロンとよく比較されるMJは、後期3連覇の時、オフェンスもディフェンスも若い頃より省エネなスタイルだったけど、特に叩かれてないだろ, 33歳~35歳で体力衰えてたのに3年連続「得点王 兼 オール・ディフェンシブ1st」だったMJとは役者が違うのかな, とりあえずレブロンは異次元の化け物すぎるから何歳になっても48分以上常にフルパワーで攻守共に動き回って平均28点以上取ってなおかつ毎年優勝しない限り騒ぐやつは騒ぐよ 34歳なんて引退してても全然普通の年齢だけどレブロンに限っては34歳だろうが40歳だろうが50歳だろうが常に25〜6歳の動きをしてないと叩かれる そういう意味では衰えても擁護してもらえるシャックとかジョーダンより期待されてる選手とも言える, 34 役者が違うってかプレースタイルと時代とチーム状況が違いすぎるからな ジョーダンの頃は平均28〜30程度取れれば得点王だけど今は30点程度じゃ得点王なれないし、ジョーダンの倍以上アシストもマークしてるレブロンが得点王狙うなら全盛期の西ブル、髭と同じことしろって言ってるようなもん 何よりチームメイトもHCも歴代NBAでも屈指の豪華さだったブルズとレブロン在籍チームのキャブス、レイカーズじゃ何もかもが違いすぎる, 誰も「オフェンスには」ケチ付けてないよ MJの得点王に匹敵するパフォーマンスをしてることは分かってる、オフェンスではね, つか34以上の年齢で今のレブロンより攻守で良いパフォーマンスしてたスーパースター選手なんてジョーダンくらいやろ マジックもシャックも今のレブロンより若い頃からめちゃくちゃ衰えてたし酷かったし ジョーダンの周りにピッペン、ロッドマン、ハーパーっていう最高のディフェンダーがいてクーコッチなんかもいてジョーダンにかかる負担はめちゃくちゃ軽かったし 仮にジョーダンとレブロンの立場が逆だったらジョーダンは無能なHCのジョーダン頼りの戦術を取り入れたチームで周りはディフェンスの悪い選手と大ベテランとジャーニーマンと怪我人だけ あるいは伸び悩んでる1年目2年目の若手ばっかのチームで得点王&オールディフェンシブ1stの活躍できるかって言ったら無理でしょ, 他のスーパースターと呼ばれる選手たちは衰えたら「年齢考えたら仕方ない」と擁護されレブロンに限定したら衰えたら「サボってる」と叩かれる 史上最高のスーパースターの宿命だわな アンチの数じゃジョーダンなんかはるかに超えたスーパースターだろ, 真のスーパースターはどこのチームとも契約してなくても、まともなトレーニングもせずにブクブク太っても国際大会では最強って言ってもらえるような選手のことだぞ。, MJとレブロンどっちが上かとか正直わからないけどこの2人は別格なのは誰しもが認めてるしファンとしてもアンチとしてもレブロンが簡単に衰えたら正直つまらんよね, 少し前にアリーナスが言ってた通りだと思うわ 当時の環境にレブロンがいたら間違いなくピッペンやジョーダンでも止められない存在になってただろうしジョーダンもあんな優勝できてなかったと思う, 全ては時代 ジョーダンはあの時代で最高の選手だった その時代で数々の記録を残してGOATとなった レブロンは今の時代で最高の選手 今の時代で数々の記録を残してジョーダンと比較されるようになった, ジョーダンは確かに晩年までディフェンスも良かったけど当時は2m超えでガード並のスキルを持つ選手はごく僅かで、グラントヒルを止められる選手はほぼいなかった けど今は7フッターでハンドリングもパススキルもシュート力もクイックネスも素晴らしい選手が何人もいてディフェンスははるかに難しい, だから一生議論してもどっちが凄いかは結論は出ない ジョーダンは当時のGOAT レブロンは現代のGOAT, レブロンって、マジディフェンスは凄いのに、スタッツ狙いで長い時間出るためにディフェンスサボりまくってるんだろうな。, ボール運びとパス配分、スコアリング、インサイドで体張ることに加えてディフェンスまでチームで一番働くことが求められるレブロン。ブラック過ぎ, ここ何年かゲームメイクは他に任せてレブロンは得点とディフェンスに専念みたいな書き込み見るけど、実際無理だからこうなってるわけで, カルーソをスタートにする判断をボーゲルが下せるかどうかがポイント。カルおじがスタートなら優勝確定, J.R.スミス、自身の痛恨ミスについて「同点なのは知っていた。KDが前にいたらシュートは打てない。」【NBAファイナル2018 GAME1】, 【NBA 2018】クセのある面子が集まったレイカーズだけどケミストリーは大丈夫なの?, デマーカス・カズンズ、復帰戦は15分で退場も史上最強チーム誕生を予感させるフィット感【NBA 2018-19】, クリポと喧嘩別れしてブル選んだ髭がアホなだけやろ 髭のメンタル面のネガティブな記事めちゃくちゃ出てきてるし、本質的にリーダーじゃないんやろな, システムで負けたのはその通りだが、そのシステムにしたのも西ブルだろ。 CP3、カペラがいるHOUをまだ見たかったわ, ハーデンもメロもクリポも西ブルも優勝せずに終わりだろうな ストマロ、バークレー、レジーあたりの仲間入り.

2020年10月12日 By whynot 2020ファイナル, 2020プレーオフ, ⑥ゲームレポート レイカーズ3-2ヒートで迎えるゲーム6 驚くことにレイカーズはスターターをハワードからカルーソに変更です。 【KJ松井のCatch&Shoot(38)】米プロバスケットボールNBAはロサンゼルス・レイカーズが2019~20年シーズンの年間王者に輝いた。 主に八村塁とワシントンウィザーズについて記事を書いています。ツイッター@ddnbajapan, didinba:【ミニコラム】コントロール&スコアリング理論【ウィザーズ】 (11/15), nbaファン1年目:【ミニコラム】コントロール&スコアリング理論【ウィザーズ】 (11/15). かといって減らしすぎるとサラリーキャップどうするのか。, ロスター枠も大きくしておかないとケガ人への対処が後手後手になってしまいます。 ¥È¥ì¥¤¥é¡¼¸ø³«¡£È¬Â¼ ÎÝÁª¼ê¤¬Ëܺî¤Ë¤Þ¤Ä¤ï¤ë¼«¿È¤Î»×¤¤½Ð¤ä¡¤¥²¡¼¥à¤ÎÆÃħ¤ò¸ì¤ë, ËÝÌõ¤Ï¥º¥¿¥Ü¥í¤À¤¬¡¢»ß¤á¤é¤ì¤Ê¤¤ÌÌÇò¤µ¤¬¤¢¤ë. 128 : 2019/09/09(月) 00:47:20.53 ab ダニグリ レブロン ad ハワード のデスラインナップか 4.5は、クズマ adかもしれんけど 129 : 2019/09/09(月) 08:53:29.11 デスラインナップならそれこそ レブロン ダニグリ クズマ ad ハワード

であれば、来年楽しみ!, ヒートはサラリーの大幅削減にも成功しているので、来年以降も問題ないです。完璧すぎるパット・ライリーでした。, ローズがケガをしなくても、時代は変わらず動いていたでしょうね。ウォリアーズ側なので。 enable_page_level_ads: true 準備期間とりすぎじゃないか?とも思いましたが、実は一番忙しいのが運営なんでしょうね。. 更新ありがとうございますLALは今季どこまでいくかそれによってチーム方針が変わるかもしれませんねデローザンのトレードの内容面白いですクズマはLALを出て一皮むけるのかパウエルはプレータイム抑えれば悪くなさそうブランソンは若いPGで期待できるけどドラフト指名選手がポブセブスキーなのが去年のサマニッチの件があるので不安ですね質問なんですがドラフト当日のトレードと指名されてから30日経過してからのトレードの違いが分かりません, didiさん、こんばんは。今期のレイカーズは仰る通りの展開ですね。レブロンとAD以外の攻撃オプションが弱いのですよ。今日のPO第1戦もまさしくそんな感じになりました。本来はクーズマがそんな位置づけのはずなんですが、シュートは思い切りが良くたくさん射つものの、ムラが多く確率もイマイチです。ディフェンスはだいぶ改善されましたが、それでも動きはまだ甘いようです。補強のポイントはやはり優秀なウィングマン、シックスマン、それとADの控えとしてフィジカルが強いPFでしょうか。デローザンの獲得は良い補強となりますね。SASとしても、若手のクーズマの獲得で新しいチームの攻撃の核ができそうです。DALもグリーンを獲得することで、ディフェンスが格段と良くなります。デリックローズをシックスマンとして獲得するのもいいですね。元々レイカーズはローズの獲得を狙っていましたし。FAではトレイクレイグとネイピアはどうでしょう。レブロンはネイピアを気に入っているようですし。クレイグはクーズマのような役割でリバウンドも取りますし、ディフェンスはタフですからね。ドラフトでは、I・スチュワートを推します。PFでもいけると思うんですよね。ハワードがファウルも多い選手なので、リム周りを厚くしておきたいです。という具合で、今期POを勝ち上がるかわかりませんが、今日の試合を観て尚更来期の補強の必要性を感じました。, LALは今年優勝できないと来年解散する可能性もあるので、予想が難しいですねベスト4くらいに入って、もう1年レブロンAD体制でやるという仮定で考えてみます残す候補はバックアップガードのAB、生え抜きクズマ、何故かスタメンのマギー、意外と活躍してるハワードミニマムサラリーの選手が多いのでトレードに含まれなければ残しダニーグリーンはサラリーほど活躍できていないので放出トレードパッケージに合わせてロンド、カルーソ、JRスミスあたりも放出RSではペイントの守備がよく、リモコンダンクが強みになっていたと思うので、バランスを良くするためにも、スリーが入る選手は更に欲しいかなプレイメイクはグリーンとのトレードで、あえてロンゾボールを取り戻して欲しいですグリーン+指名権 ⇔ ロンゾ+サラリー調整要員まあNOPはグリーンいらいないと思うので無理ですね, > 更新ありがとうございますコメントありがとうございます!今回は3チームトレードで、ポクセブスキーのサラリーを含めたかったので30日間空けたのですが、基本的には確かドラフト順位がロッタリーで決まったあと、ドラフト当日までは指名権をトレード出来ないので、その年のドラフト指名権絡みのトレードの場合ドラフト当日に行われるのではないでしょうか。順位が決まってから戦略をたてるチームが殆どだと思いますし。持っている指名権をトレードダウンさせたり、他チームと違う資産で交換したりなど。ドラフト当日の契約が済んでいない段階ではサラリーが絡んだトレードというより、指名権=$0扱いで出来る最終日なのかもですね。今回の場合はそもそも指名権に絡まないチームと、3チームトレードでトレードをやろうとしてますし、ドラフト選手のサラリーを含めてやってるためドラフト当日トレードは出来ないと思い、とりあえずこうしてみました。, > didiさん、こんばんは。コメントありがとうございます!クズマはオールラウンドになんでもこなせますが、スコアラーではないですし、何よりムラがあるので難しいですよね。ウィング、シックスマン、そして確かにadの控えも欲しいです。現在マーキーフモリスですし。ネイピアはレイカーズにあってますよね。シューターですし、本来クックに期待した役割をこなせそう。, > LALは今年優勝できないと来年解散する可能性もあるので、予想が難しいですねコメントありがとうございます!ロンゾを取り戻すのは面白いですね。プレイメイクもですし、レブロンの役割をやれる選手ですし、シックスマンだと良さそうです。まぁシュートが不安定なのはまだ変わりないので取るかと言われたらとらなそうですが。最悪この1回戦で負けたらADが他チームにいく可能性までもありますし、果たしてどうなるのでしょうか。, Author:didinba 驚くことにレイカーズはスターターをハワードからカルーソに変更です。変更したいのはわかるけど、まさかカルーソとは。その狙いが何なのかと思ったら、レブロンのポジション変更みたいなので、本当にカルーソが良かった様子です。, ボールをカルーソに渡したレブロンはKCPとのスクリーン交換をしたり、インサイドでリバウンド争いに参加したり。もちろんPGとして運ぶこともあるけど、PGしない時はインサイド系統を増やしています。レイカーズはもともと起点を増やすて勝負することは多いのですが、初めからやらない理由は、そもそもレブロンが初めからはアタックしないから。それが1Qからアタックさせたいようにも見えます。, トランジションから得点していくレブロン。ただ、やっぱりハーフコートはAD中心です。怪しいプレーを連発するADのパスがあまり機能しないので、トランジションでレブロンが得点してくれていることは大切かも, 驚くのは初めの交代がKCP→ロンドだったこと。その直後にダニー→KCPもやったけどね。クズマとモリスではないってに狙いはいまいちわかりません。ゲームトータルでみたら交代が苦しくなりそうなのにね。, その後でレブロン&カルーソ→クズマ&モリスでした。レブロンとクズマを交代させたいのはわかるけど、ADがイマイチなのでオフェンス苦しくなりそうだ。, まぁ結局のところレイカーズはトランジション次第って感じのスタートです。レブロンのアタック、KCPがスティール速攻で先手はとった。とったけど、またダンカンに決められています。1本はダンカンのタフショットだけど、もう1本は空いたヒーローを埋めに行ったダニーによってダンカンがフリーになりました。まぁヒーローなら仕方ないか。追い掛け回せるスモールにはあまり意味はなかったってことです。, ヒートはアウトサイドは決まっているものの、ドライブ→アデバヨのパターンがイマイチ。それが何でかっていうとパスが悪いのですが、なんていうか、アデバヨならそれでも何とかしそうっていうイメージもあるから、コメントしにくいよね。, そのパスさえしっかりと出ればヒートのオフェンスは機能していそうなのですが、決まらないんだよね。それでもバトラーも3P決めて何とかついていくと、1Q終盤にドラギッチが登場します。マジか。出れるのか!?, そのドラギッチはファーストプレーでドライブからアデバヨへのアリウープ。かなり強引なのだけど、そこはアデバヨがキャッチしADのファールになります。ここまで失敗していたドライブからのアシストがドラギッチのムチャぶりパスだと通用するってすごいし、レイカーズ側からすると予想していなかったパスなんでしょうね。, ドラギッチの登場はゲーム5で出続けていたバトラーを休ませることになりました。おそらくそれだけで十分なんじゃないかな。1分間休ませることが出来たバトラー。その間にドラギッチのリズムはレイカーズが慣れていないリズムでした。あとドラギッチとアデバヨの相性がよくてね。, 1Qはレブロンの9点3アシストもあってレイカーズがリードしました。狙いとしては成功したのかな。ハワードがいないことで簡単に穴は作られないので安定したディフェンスにもなりました。, ヒートのピックアップミスからロンドの3Pで10点リードになったレイカーズ。圧力を強めたそうなヒートはバトラーがアタックしてファールドロー、リバウンドにも強気に飛び込みます。ちなみにドラギッチも残っています。, しかし、どうにもレブロンが。バトラーは1on1では多くの場面でレブロンを止めていますが、それはあくまでも止まった状態から始まる時であって、トランジションになってしまうと苦しくて苦しくて。ただしフリースローを外してくれるので思いっきりファールしたら成功しました。, ドラギッチのレイアップこそ決まったものの、次第にオフェンスが手詰まりに。うーん、今度はドラギッチが溜めるのにヒート側が慣れていない感じかも。ダンカンがベンチにいることもあってオフボールが少なくなってきました。そんな時はアデバヨのセカンドチャンスに頼りたいのだけど、ボックスアウト徹底されています。, そしてなんかどうも本日はレフリーコールが緩め。「間違っている」じゃなくて緩め。レブロンとドラギッチが衝突しても、ダニーがダンカンに押されても(フロッピング)無視してきます。それはむしろインサイドに攻め込んでファールドローを狙いたいヒート側に大きく響いている気がします。ドライブアタックが得点にならない。, そしてフィジカルな戦いが容認されていると、スキを突いてくる選手が活躍するよね。ってことでロンド。ゲーム5が悪かったこともあって気合が入っているのか、アグレッシブに自分で行って得点していきます。前半はFG6/6です。ここまでADが全く機能していない形なのですが、カバーしているロンド。ディフェンスでもスーパーヘルプでADのブロックと共に押さえ込んでいきます。, するとKCPもマレーみたいなミドルレンジでのファールドローから&ワン。レフリーコールが緩かったからか、フィジカルに守って逆にファールが増えている感じになってきます。コンタクトが許されるため、ゲーム5はスルスルっと抜けていた気がするプレーが全然抜けない。だけどコンタクトしすぎてコールされるみたいな。, そしてファールが増えてきた終盤はボーナススローだらけに。ADが強引にインサイドに押し込んでポジションをとる(ファールにはならない)から、パスがくるとファールがコールされるって感じです。これを決めていくADと外してしまったアデバヨ。, 20点リードになると、さらにカウンター速攻からKCPが一度は外すもリバウンドをねじ込み、カルーソはレブロンのアシストからレイアップ。終盤に一気にレイカーズペースになった2Qです。, うーん、バトラーから始まるオフェンスにならないことが増えたヒートが困ったのかな。どうしてそうなったのかはイマイチわかんない。ロンドやカルーソがバトラーに張り付いてはいたけど、それでバトラーが困るってこともないだろうし。やっぱりボールのないコンタクトがコールされないからかな。, KCPが2本の3Pも追加し、28点リードで前半が終ります。史上2番目に多い得点差だそうです。1Qの時点ではこうなるとは思えない展開だったのに、レブロンが2点3アシストだった2Qに20点差がついてしまった。何とも言えない前半でしたが速攻が14-0なのがヒートには重くのしかかっています。, レイカーズのオープン3Pは相変わらず、そんなに決まっていないのですが、レブロンはドライブでねじ込むのに対して、ヒーローはフローターが全く決まらずエアボールすら放ち、頼みのバトラーすらも外し始めました。, ハワードがいないことはADがアデバヨのマークになるので、バトラーのマークはレブロンやダニーが担当します。ゲーム3くらいまでバトラーは好き勝手にダニーを抜いていましたが、ここにきて抜けなくなり始めました。疲れてしまったのか、ダニーが慣れてきたのか。, 代わりにアデバヨが3Q序盤の得点を支えますが、ずっと個人で得点するタイプじゃないし、30点差を追い上げるには苦しいな。, そんなわけでヒートのオフェンスが苦しすぎて、追い上げる気配がないので退屈になってきます。30点差があるならレイカーズはある程度インサイドを捨てられます。アデバヨにやられてもカバーしすぎる必要はなく、3P打たせない方が大切。多彩ではなくなるヒート。, ドラギッチとアデバヨのケガがありながら、ヒートは非常によく頑張りました。この2人がいない状況では明らかに力の差がありましたが、ゲーム3の勝利は衝撃的でもありました。加えてゾーンを完膚なきまでに攻略されたことで、飛車・金・桂馬がない状況でタイトル戦を戦ったみたいな感じです。, ただし、そこにはレイカーズがオープンの3Pを外しまくるという事情もあったわけです。どうしようもないくらいに外しました。何故ここまでレイカーズが外したのかは、よくわかりませんが、ヒートの見えないプレッシャーにも押されていたのでしょう。ゲーム5の失態も含めてレイカーズは全体的には緊張感が欠けていた気もします。, ただこれらのこともレブロンには関係なかったというか、誰よりも緊張感のあるプレーをキングはしていました。そこは経験値なのでしょう。失敗も多く経験してきているので、緩んではいけないことを知っていました。最後までレブロンに頼ったファイナルだったと思います。, ADも頑張ったけどね。仕事の量はADの方が遥かに多いけど、打開してしまう能力は段違いにレブロンだった。, ファイナルになると相手が強くなって苦しむレブロンってのが通例でしたが、さすがに今のヒートではそれは苦しかった。代わりにチームメイトは苦しみまくったことで、苦戦したファイナルでした。, 思えば、バブルになってからギリギリの戦いを続けて疲弊し、最後はリラードが離脱したブレイザーズ、ゲーム7を戦い抜いてヘロヘロだったナゲッツ、そしてドラギッチとアデバヨが抜けたヒートと、レイカーズに追い風が吹きまくっていたプレーオフでした。ロケッツには完勝。, そういう流れを掴むこと、そして失いそうでも何とかしてしまえるレブロンとAD。ヴォーゲルがもたらしたハードワークとディフェンスを武器に安定して戦い、追い風を受けたようなレイカーズでした。おしまい。, 試合は最後まであきらめる気がないスポルストラがオリニクも起用して3Pとトランジションを増やし、空いていくアデバヨが押し込みまくります。一方で20点差あるのに不愉快な表情をするヴォーゲルによってレブロンとADはプレーし続けます。, レブロンの3Pやミドルで加点するくらいしかないレイカーズなので、全体的にはちょっとずつヒートが良い。ちょっとだから点差はなかなか縮まらないけどね。, ヒートとしては本当は3P止められたら、こんな形になるはずでした。バトラーの驚異的な活躍でカバーしていたけど、カバーしきれなくても本当はね。, 今シーズンのプレーオフに旋風を巻き起こしたヒート。シーズン中から準備していたプレーの数々ではあったものの、プレーオフになってドラギッチがスターターとなり、さらに洗練されてくると共に、明確な役割分担で新たな戦術を切り拓いた感じもあります。, 「この経験を・・・」なんてものありますが、この戦術がリーグ全体にどのように波及するかも気になります。そんなこともオフになったら考えてみましょう。, 元気な方が強いは真理ですね

熱中症 塩 なめる 量 20, 海辺の映画館 キネマの 玉手箱 上映 館 8, 確約 できない 類語 24, ネット 陰湿 なんj 41, 有吉の壁 パンサー #trf 20, Logicool ウェブカメラ コントローラー 10, 有 村 架 純 の 撮 休 舞台挨拶 4, 藤原竜也 富山 撮影 13, Ark ケツァルコアトル ブリーディング 16, 山本 有三 の娘 10, ギルティクラウン 次回予告 至高 恩恵 22, ペーパードライバー 克服 アプリ 9, 岡山 川 汚い 5, パート 内職 掛け持ち 扶養 6, コナン 涙 Pixiv 7, 推しカプ プレゼン テンプレ 4, 生理前 眠気 仕事に支障 8, ハイキュー アニメ 感想 3話 6, ロストドライバー 20th 違い 5, 足の 付け根 の骨 名前 12, シリーナート ウォン ワ チラー パック 37, アプリ カップルズ 位置情報 11, Zoom アクティベート メール 16, アクラフ ハキミ 背番号 17, 派遣 暇 帰る 7, Ark Mod おすすめ 2019 19, ドラクエウォーク ストーリー 解放 22, 有吉 ゆるせ ない話 5, 毛糸 ほどいて 洗う 9, モンスト 紋章 ゲージ 7, 久保田悠来 テニミュ 降板 45, ショック 画像 怖い 17, アクセルワールド 黒雪姫 親 17, ハイキュー 漫画 海外の反応 57,

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.